本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

大宮

知らなかったことやできなかったことが、<br />分かったりできるようになることに面白さを感じます

入社動機

私は「今までにやったことがない分野に挑戦してみたい!」と考えていました。学生時代は、基礎物理学を学んでいたため、重力とは何か?とか物質の最小単位とは何か?といった自然法則の根本原理について学んでいました。そのため、技術を応用して具体的に何かを作るといった工学系の分野とは全く無縁でした。そこで、身近にあるけれどその仕組みについては詳しく知らなかったインターネットに関心があったため、新たなことに挑戦しながら色々と学びたいと思い、ルータ/LANスイッチの専門メーカである、アラクサラネットワークスを希望しました。

仕事内容

私はSEとして、お客様への製品紹介やアフターケアを行っています。
アラクサラネットワークスは、インターネットなどで通信を行うために利用されている通信機器(ルータ/LANスイッチ)の設計、製造、販売、保守を行っています。お客様が通信機器を利用するにはネットワークに関する専門的な知識が必要となります。そのため、購入を検討されているお客様から利用用途を伺って製品紹介を行ったり、ご購入頂いた後の問合せに対応するなど、技術的な面からお客様をサポートしています。

仕事の面白さ・醍醐味について

知らなかったことやできなかったことが、分かったりできるようになることに面白さを感じます。また、それが誰かの役に立っていると感じられることが、仕事の原動力にもなっています。私は、学生時代に学んでいた分野とは異なる分野の業界を選んだこともあり、入社当初は耳にすること目にするモノの全てが、新しいことばかりでした。そのため、製品マニュアルを読んでも、先輩の話を聞いても、専門用語ばかりでまったく理解ができず、ましてやお客様からの問合せ内容については何が分からないか分からない、といった状態でした。そんな中、知らないことについては、都度コツコツと調べることで知識を増やすよう努めています。また、お客様からの問い合わせについては、先輩が対応している背中をみることで、技術的な内容だけではなくどういった姿勢で向き合うことがよいかを学ばせてもらっています。そのようにして、日々経験を積んでいくことで、お客様の疑問点を解消できた時や新たな提案ができた時などに、お客様からお礼を言って頂けた時は、今後もがんばろう!とやりがいを感じられます。

仕事で苦労する点について

仕事は、自分一人ではできないということです。日々取り組んでいる業務には、上司や同僚や他部署の関係者、それにお客様といった様々な人が携わっています。自分の都合だけではなく、関係者との調整を行ったり協力を依頼するなど、自分の努力だけでは解決できないことに大変さを感じます。ただ、その大変さの分だけ、調整が順調に進んだ時は達成感がありますし、協力頂けた方との関係構築が図れた時の喜びは大きいです。

印象に残っている仕事やエピソード

入社4年目に、イベント対応でアラクサラネットワークスの代表として窓口役を任された時のことです。
ネットワーク業界では、年に一度、関連企業や団体などが参加し、最先端の技術や製品の発表を行うイベントがあります。また、展示物の一つとして、イベント期間中の会場内ネットワークを、各メーカの機器を組み合わせて期間限定で構築しています。私はこのイベントに参加する際のアラクサラネットワークスの代表として窓口役を任されました。その年、アラクサラネットワークスは、リリース前の最新機種を会場ネットワーク用の機器として展示しました。リリース前の機器であったため、機材を確保するための社内調整やソフトウェア機能について開発者との事前準備が必要でした。また、会場での構築作業では、想定通りに装置が動作しない問題が発生し、原因調査や開発への修繕依頼、イベント主催者側への状況説明など、様々な対応が必要でした。各種関係者に協力頂いた結果、イベント本番では、無事、安定した状態で動作させることができ、来場者に製品PRをすることができました。

今後の目標

広い視野と知識を持ち、問題解決ができるSEをめざしたいです。IT業界では、変化が速く次々と新しい技術が出てきます。また、一つの分野で話が閉じるわけではなく、色々な分野が横断的に関わる問題が多くあります。お客様からのご要望を聞いて、問題を解決したりベストなご提案ができるSEになるために、今後も、学ぶ努力を惜しまないように励んでいきたいです。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休日には、美術館に展示会を見に行ったり、美術関連の書籍を読んだりして過ごしています。また、鑑賞するだけではなく制作することも好きなので、写真を撮りに行ったり、絵を描いたりすることもあります。最近は、木版画にはまっているので、年賀状や暑中見舞いなどは、木版で作った絵ハガキを友人や知人に送っています。日常とはちょっと違ったことをやることで、視野を変えることができ、よい気分転換が図れています。

一日のスケジュール

9:00 出社、メールチェック
10:00 お客様からの問合せについて、実機を使用して動作検証、説明資料作成
12:00 昼食休憩
13:00 お客様先での打合せのため担当営業と共に外出
14:00 お客様訪問、打合せ
16:00 お客様先での打合せ内容の整理、メールチェック
18:00 退社

同じ職種の先輩