本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

内住

社内全体で協力し、案件を成し遂げたときに<br />大変なやりがいや誇らしさを感じることができます

入社動機

大学院でネットワーク機器(ルータ)のアルゴリズムに関する研究を行っており、その経験を仕事にも生かしたいと考えていました。ネットワーク機器については、当時海外のベンダが大きなシェアを持っていましたが、私は国内のベンダに就職して海外のベンダと戦いたいと考えていました。そんな中、大学での企業説明会でアラクサラネットワークスのことを知り、興味を持ちました。その後、会社説明会に参加し、BOX型のLANスイッチから大型のルータまで幅広いラインナップを持ち、開発・製造・販売・保守まで全て一社で行っていることを聞き、この会社であれば、私の経験を生かしつつ、海外とも戦っていけると感じ、入社したいと強く思いました。説明会や選考の過程でお会いした先輩社員の方々も高い能力を持つ魅力的な方々ばかりで、この人たちと働きたいと思ったことも入社の動機になっています。

仕事内容

BOX型LANスイッチ開発部門のまとめとして、製品仕様の策定や、製品出荷に向けた日程の管理、お客様対応も担当しています。"設計開発"と聞くと社内で作業をするイメージが強いと思いますが、社外に出てお客様と打合せを行い、お客様が抱えているネットワークの課題や、今後どうエンハンスしていきたいかなどの声を集め、機器開発にフィードバックしていくと言う作業も大切なものになります。

仕事の面白さ・醍醐味について

私は元々ネットワークに関わる仕事がしたかったので、今の仕事は私にとって全て魅力的なものです。その中でも一番面白く、やりがいを感じるのは、通常では考えられないような短日程での開発案件が発生した際に、まとめとしてその案件に携わる時です。自身も設計者としてプログラミング等を行いながら開発日程を管理したり、営業部門や生産部門と打合せを行い、問題点の洗い出しやその解決策を検討したりします。営業部門の方々が必死で獲得してきてくれた案件について、社内全体で協力し、成し遂げたときに、大変なやりがいや誇らしさを感じることができます。

仕事で苦労する点について

短日程で開発を行っていると、日程を計画した当初は予想もしなかったような問題が出てくることがあります。そのような問題に対してはまとめとして方向性を指し示し、問題解決に向け関係部門や自部門内の意識を合わせなければなりません。しかしながら、夫々さまざまな事情があり、全員の意識を同じ方向に向かせることが難しいこともあります。とても苦労しますが、そのような中で最善策を見つけて、最終的に問題を解決できたときには、他では得られないような達成感を得ることができます。

印象に残っている仕事やエピソード

入社1年目の話です。ネットワーク関係のベンダやシステムインテグレータ、プロバイダなどの業種が集まり展示会を行うイベントが毎年あり、同期全員で見学に行きました。その時に他社の人々が次々に自社のブースを訪れ、興味深げに話を聞いているのを見て、自社が業界内で注目されていると言うことを感じました。誇らしく思うと同時に、緊張感のようなものを感じた覚えがあります。今ではを見学する側ではなく出展する側に回り、毎年新しい技術を紹介しています。

今後の目標

まずは、今以上に知識を深めることです。より良い製品を開発するためにはネットワークの知識だけでなく、近年問題視されているセキュリティなどの知識も不可欠です。また、そのような技術に対する知識を深めるためにも、良い製品を発信していくためにも語学力は必須になるので、語学力も向上させて世界に通じる技術者になりたいと思っています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

私は昔からスポーツが大好きで、ここ数年はクライミングにはまっています。休日や定時退勤日などはクライミングのジムに行ったり、実際の岩場に行ったりしています。
冬場になると職場の同僚などとスノーボードにもよく行きます。
また、去年子供が生まれ、父親になったので子供との時間も大切にしています。子供がもう少し大きくなって一緒にスポーツを出来る日を楽しみにしています。

一日のスケジュール

8:50 出社。メールチェックをし、返信対応。また、スケジュールのチェックも行い、当日の業務の確認
10:00 設計部門の定例会。進捗状況や問題点を共有し、今後の方針を意識あわせ
11:30 定例会の議事録作成。メールで展開
12:00 昼休憩
13:00 お客様との打合せ資料、納入物の作成、設計作業など
18:30 当日行ったことを日報として上司に提出、明日行うことや近日中に行うことをメモ書きにまとめ、退社

同じ職種の先輩