本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

白井

SEを志望したのは、モノをつくることと
<br />プロジェクトを動かすことの両方できる仕事だと思ったからです

入社動機

モノづくりに携わりたかったので、機械系メーカーを中心に就職活動をしていました。その中で、日立製作所は、ハードからソフトまで幅広く事業を手がけており、いろんなことチャレンジできる機会があると思い、志望しました。その中でもSEを志望したのは、モノをつくることと、プロジェクトを動かすことの両方できる仕事だと思ったからです。

仕事内容

数人〜10人レベルの開発チームのチームリーダーをやっています。チームリーダーとは、プロジェクトリーダーのもとに、いくつかあるチームのひとつを担当するリーダーです。通常の業務では、各メンバーの仕事の進捗状況を確認しながらのスケジュール立案、要員計画の立案、予算関係のほか、お客様との窓口として、開発の状況報告をしたり、お客様からの問い合わせに対応したりといった仕事もしています。

仕事の面白さ・醍醐味について

以前携わったプロジェクトで、機器の保守やメンテナンスなどをサポートするクラウドサービスをリリースしたとき、産業・工業関連の専門紙などでニュースとして取り上げられたのですが、そういうときは、社会に何らかの影響を与えるサービスや製品に自分が関わっていることをより実感できて、やりがいを感じます。

仕事で苦労する点について

チームリーダーとなって1年半ほどになりますが、この仕事は、いろんな人のいろんな意見を調整して、落としどころを見つけなければいけません。そのため、お客様のご要望や、上司、部下の意見を調整したり、お客様の求める機能と、予算や開発期間のバランスをとることなどに、いつも頭を悩ませています。

印象に残っている仕事やエピソード

以前担当したプロジェクトのお客様で、あれもこれもといろんな機能を要求しつつ、しかもコストには厳しいという方がおられまして、けっこう大変な思いをしたのですが、そのプロジェクトの打ち上げの席で「よくやってくれた」と言われたときには、やはりうれしかったですね。そのお客様は、私の結婚式に、ふわふわ浮かぶバルーン付の祝電を送ってくださって、そのことにも感激しました。

今後の目標

入社3年目のとき、会社の研修で3カ月ほどインドに行きました。そこでは、仕事の分業がとてもハッキリしていることなどに驚かされ、日本とまったく異なる文化や考え方を理解する難しさを学びました。今後は、そういった人たちとも一緒に仕事ができるようコミュニケーション能力を磨き、グローバルなフィールドでサービスを提供できるエンジニアになりたいと思います。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

冬場はやや頻度は下がりますが、ほぼ週に1回のペースで、千葉、湘南あたりの海でサーフィンをしています。入社4年目にクルマを買って、先輩から誘われたのがきっかけで始めて、3年半くらいになります。だいたい早朝に家を出て、お昼くらいには上がって帰ってきます。

一日のスケジュール

9:00 メールチェック
9:30 打ち合わせ資料準備
12:00 昼食
13:00 お客様との打ち合わせ
16:00 帰社・システム開発作業
16:00 管理業務(作業整理、チームの進捗確認、事務作業)
19:00 退社

同じ職種の先輩