本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

筒井

さまざまな業種のお客様に直接会えて、いろんな意見を聞き
<br />サービス開発にフィードバックできるのが仕事の面白さです

入社動機

もともと文系学部である中で、システム(IT)分野に興味を持っていたことから、ITに関わる仕事を志望しました。私が就職活動をしていた2005年頃は、コンテンツを取り扱うITベンチャー企業に注目が集まっていましたが、私はコンテンツ中身よりそのアプリを下支えし、提供するプラットフォーム(インフラ)の世界に興味がありました。独立系、メーカー系、ユーザー系SIベンダがある中で、総合電機の看板も持っている日立なら、さまざまな観点で幅広い仕事が経験できるのではないかと考え、入社を決めました。

仕事内容

これまで主に日立のハードとソフトの販売を行ってきた製品事業部において、新たな取り組みとなるサービス開発をメインとした仕事に携わっています。具体的には、パブリッククラウドに対向するプライベートクラウドの基盤として日立内検証済のハードやソフトおよびミドルを組み合わせ、パッケージ化(サービス化)してお客様に提供しています。そのために、どういうサービスメニューが求められるかということを日々検討し、開発するのが、私の仕事です。

仕事の面白さ・醍醐味について

現在は、セキュリティ対策としても注目を集めているシンクライアント基盤におけるサービス提供という仕事に取り組んでいるのですが、その対象となるお客様は、金融、産業、官公庁など多岐にわたり、お客様が必要とされるサービスもそれぞれ異なります。そうした中で、さまざまな業種のお客様に直接会えて、いろんなご意見を聞きながら、それをサービス開発という自分の仕事にフィードバックしていけるのが、この仕事の面白さです。

仕事で苦労する点について

例えば、金融分野では、コストは少々かかっても、セキュリティを高めたいというニーズがある。ところが、産業分野では、セキュリティよりコストが重視されることもあるなど、業種によって、求められる条件が変わってきます。ただ、それら個々のユーザーに合わせてサービスメニューを個別最適とするのは非効率になるので、さまざまな業種に対応できる汎用性のあるサービスにするため、落としどころを決めるところでいつも苦心します。

印象に残っている仕事やエピソード

現在の部署に来たばかりの頃は、すべて上司の指示で動いていたのですが、もともとOSやハードウェアまわりをやっていた経験を買われ、やがてシンクライアントのシステム基盤まわりを任せてもらえるようになりました。そして、初めて私からお客様に直接説明をしたときのことが、今も忘れられません。「声が大きくて、内容がわかりやすい」と言ってくださったのです。その後、お客様との信頼も厚くなり、現場を任されるようになりました。

今後の目標

どんな製品も、サービスも、人が作り出していくものなので、そういう意味では、自分自身の付加価値を高めるよう常に努力し、それを提供していくことで、社内外を問わず、信頼関係を広げていきたいと考えています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

会社の同期の仲間と、月に1回くらいのペースでフットサルをやっています。いつもは練習がメインですが、メンバーが大勢集まったときは試合もします。もともとからだを動かすことが好きで、ランニングをすることもあります。

一日のスケジュール

9:30 お客様訪問、ヒアリング
10:30 帰社 SEと社内打合せ
11:00 メールチェック、案件チェック
12:00 昼食
13:00 社外セミナー受講(シンクライアント技術)
16:00 帰社 メールチェック、部内会議
17:00 資料作成
19:00 退社

同じ職種の先輩