本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

蔵元

「こんなことできるんだ」とか「ラクになった」など
<br />お客様が感動するようなシステムを実現したいと思います

入社動機

面接官や先輩社員の方の人柄が良く、親身になって話を聞いてくれたのが理由のひとつです。また、日立という会社は雇用を創出し、社会貢献できる会社だと思ったこと、社会の縁の下の力持ちになっている会社だと思ったことも、入社の動機になりました。

仕事内容

「フロントSE」と言われる、お客様に近いところで仕事をするSEです。お客様がシステムとして実現したいことを聞きながら、日立だったらこういうやり方ができると提案し、それを受注して、開発して、リリースするという一連の仕事をしています。プログラム開発というよりは、営業に近い感じの仕事です。主に、サーバやミドルウェアなど、基盤となるシステムを担当しており、現在は、大手損害保険会社に常駐しています。

仕事の面白さ・醍醐味について

日立という会社には、途中で投げ出さないという社風があります。お客様が無理難題と思えるようなことをご依頼されてきても、日立ならこういうことができる、ああいうことができると提案しながら、何とかリリースまでこぎつける。そんなふうに仕事をやりきったときの達成感を味わえるのが、この仕事の大きな魅力かなと思います。プロジェクトの打ち上げなどで、お客様から「ありがとう」の言葉をいただくと、それまでの苦労が報われた気がします。

仕事で苦労する点について

お客様の要件を聞いて、形にしていく中で、常に合意をとりながら進めていくのですが、どこかでボタンのかけ違いが生じることがときどきあります。例えば、お客様はいろいろな機能をご要望されるのに対し、こちらはそうすると納期やコストが気になってくるというように、お互いの立場がそれぞれ違うので、どうしてもそうなりがちなのですが、そんなとき落としどころを見つけるというか、どう納得してもらうかという点でに苦労しますね。やはり、プロジェクトは正論だけではうまくいかないもので、いかに着地点を見つけるか、お互いに歩み寄るかが大事で、そのためにもお客様のことを十分考慮した上で、こちらの思いを伝えていくことが大切になると思います。

印象に残っている仕事やエピソード

現在担当しているお客様の仕事で、開発環境のサーバ約50台を仮想化するプロジェクトがあり、その競合プレゼンに参加したとき、一次評価では、私たち日立が負けていたんです。でも、その後、担当営業と一緒に足繁くお客様のもとに通って、「日立に何が足りないか」を聞き出し、サービス内容や価格を見直して、改めて再提案したんです。そうしたら、担当営業のところに「日立にお願いしたい」という一報が入って、私はその営業から連絡を受けたんですが、そのときの逆転勝利は本当にうれしかったですね。その後の仕事につながったという意味でも忘れられない出来事でした。

今後の目標

ビッグデータ、仮想化など、常に新しい技術を吸収するように努めるとともに、お客様の業務についての理解も深めながら、お客様に常に新しい提案をし、「こんなことできるんだ」とか「ラクになった」とか、お客様が感動するようなシステムを実現したいと思います。また、チームとしても、より強いチームを作っていきたいと思います。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

とにかく「寝る」ことと「食べる」ことが大好き。休日など、「寝る」と決めたら夕方までひたすら寝ます。12時間以上、寝続けたこともあります。また、「食べる」ほうは、おいしいものを食べるために、年に4回くらい旅行に出かけます。広大な北海道と、ゆっくり時間が流れる沖縄がとくに好きですが、どちらも観光名所を巡るのではなく、ひたすらおいしいものを食べ歩きます。

一日のスケジュール

9:00 出社 メールチェック、社内打合せ
12:00 昼食
13:00 資料レビュー
15:00 お客様との打合せ
17:00 資料作成
19:00 夕食
19:30 資料作成、社内打合せ
21:00 退社

同じ職種の先輩