本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

大塚

会社情報を見る

タービンや主要弁の役割の説明を受け、多くの人々に
<br />安定した電気を届けなければならないという責任感が生まれました

入社動機

私は機械工学を専攻し熱・エネルギー工学について学んでいたので、就職活動では専攻分野を活かした製品の開発設計をしたいと考え、就職活動をしていました。その中で当社のことは学内説明会に参加したことで知り、電力・エネルギー、社会・産業、情報制御、保守サービスといった幅広い事業分野を展開していることが分かりました。特に電力・エネルギーの事業分野では発電プラント用蒸気タービンやタービン補機の開発設計を行っていることで、学生時代の専攻分野を活用でき、世界中に電力を供給する仕事として社会貢献できると感じ応募しました。

仕事内容

日本や世界各国の発電所内には電力を供給するための主要機器である蒸気タービンがあります。私は、蒸気タービンの制御計画や蒸気タービン用主要弁の計画・設計を 担当しています。
具体的には、蒸気タービンに流れる蒸気を制御する、主要弁の構造の検討を行っています。また、蒸気タービンを安全に運転するためのタービン制御システムおよび、タービンを不具合から守る機能の仕様を検討します。電気は日常生活において必要不可欠なものです。省エネルギー化が進む中で蒸気タービンも高効率化が求められており、蒸気タービンの制御機器の設計は安全面や効率面に大きく影響します。そのため、製品に対する非常に大きな信頼性や責任感が求められ、かつ、安全・安心で安定した電気を社会に供給するやりがいのある仕事です。

仕事の面白さ・醍醐味について

私は設計の中でも計画設計という上流工程側の仕事をしているので、自身で検討したことが直接プラントの仕様に反映されることにやりがいを感じています。 自分自身の設計が詳細設計から試運転までたどりついた時はやはり非常にうれしくなります。特に、発電プラントは蒸気タービンや主要弁以外にも復水器・配管・油機器など多くの製品で構成され、設計から試運転まで長い期間を経て不具合がないことが確認できて初めて運用開始となるため、一つ一つの検討がプラントの運転に大きく左右します。
また、工場や発電所へ初めて訪れたとき、全ての物のスケールが大きいことに圧倒されました。また、タービンや主要弁の役割の説明を受け、その重要性を非常に強く感じ、「多くの人々に安定した電気を届けなければならない」という責任感が生まれました。

仕事で苦労する点について

設計の進め方の一つとして、今まで納めたプラントの実績を参考にして、新設プラントの仕様を検討する方法があります。
その中で検討した結果が実績の仕様から外れた場合、どのように対応すべきか方針を決めるのは簡単なことではなく苦労します。業務に関しての知識や経験が不十分な部分もあるため、そのような場合は検討方針について上司と相談しコミュニケーションをとりながら解決まで繋げるように心掛けています。

印象に残っている仕事やエピソード

新設プラントの設計では各プラントごとに設計資料を作成し、部長を始めとした上司の前でデザインレビューを受ける必要があります。ある時期に製品納期の関係から、約2か月で3つの新設プラントの設計資料の作成と設計検討会での資料説明を担当したことがあり、作業量が多く大変でしたが様々な知識や経験を積むことができました。
デザインレビューは仕事としての一つの区切りとなるので、無事終わった後はチームの皆でお酒を嗜みながら達成感を感じました。

今後の目標

蒸気タービンは多くの構成要素の集合体でできているため、幅広い分野の知識が必要となります。このため仕事を通して必要な知識や経験を積み重ねることで一人前の設計者を目指していきたいです。また、蒸気タービンの知識以外にも、現在の新設プラントの納入先は主に海外が中心であるため、英語力を身に着けることが重要であると感じています。
さらに、発電所が運用開始するまでには計画から試運転まで様々な工程があり、関連部署との調整や打合せも多いため、そのような場を通して周囲の人々から常に信頼されるように成長したいです。

オフの過ごし方

休日は好きなアーティストのライブに参加したり、車で好きな音楽を聴きながらドライブするなど気分転換をしています。特に、毎年夏に自宅の近くで開催されるロックフェスには、毎年同期10人位と参加して楽しんでいます。
また、毎年冬は趣味であるスノーボードを楽しみ、テクニックの向上に努めています。
入社後車を購入してからは、学生時代よりゲレンデに行く機会が増えたため一人で滑りに行くこともあります。

一日のスケジュール

8:50 出社。メールチェック後、当日行う仕事の洗い出しおよび優先順位づけにより、仕事に取り掛かる準備を行う
11:00 係内ミーティング(週一回)。タスクリストを用いて、先週実施した仕事内容および今週の実施予定などをチーム内で共有
12:15 昼休憩(社員食堂にて同期と昼食をとる)
13:00 デスクワーク。午前中の打ち合わせ内容を踏まえ、設計資料作成
他部署からの問合せや打合せがある場合は順次対応し、対応方針について調整する
17:20

退社。(残件がある場合は20:00程度まで残業)

同じ職種の先輩