本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

鈴木

会社情報を見る

システムの本質を理解し、お客様が求める合理的なシステムを
<br />提案できるエンジニアとなりたいと思います

入社動機

大学では太陽光発電設備の制御システムの研究をしており、将来は再生可能エネルギー発電システムの設計に携わりたいと考えていたため、風力発電事業を行っている企業に興味を持ちました。
合同説明会に参加するまで当社のことは知りませんでしたが、見知った風車が当社の大沼工場のものであることがわかり、不思議と親近感がわいたのを覚えています。

仕事内容

小型産業用蒸気発電システムの制御・電気設備の見積計画業務を行っています。
発電システムを運用するために必要なタービン・発電機の保護・制御・監視を司る制御装置と、それを電力系統に送り出すための電気機器の仕様決めおよびお客様への見積回答が主な仕事です。お客様は国内から海外まで様々で、要求仕様も多岐にわたります。弊社部内の標準システムとお客様からの要求の差異を確認し、特殊要求についての実現性を検討した上でお客様へのシステム提案を行っています。

仕事の面白さ・醍醐味について

どのような仕事でも共通だと思いますが、業務を通じて自分に色々な知識が蓄積されていくのは楽しいと感じます。見積作業をやっていて、お客様仕様・機器仕様でわからないことは多くあります。ただ、不明点を明らかにしていく過程で、どのような背景があってその仕様が要求されているのか、どのようなコンセンプトで機器仕様を定められているのかを知ることで、自分に知識が積っていくことを実感できます。

仕事で苦労する点について

見積を行うに当たり、見積対象機器だけでなく関連する機器・設備についても幅広い知識が必要です。
まだまだ本質を理解するにはほど遠く、業務を通じて制御、電気、計装およびタービンや発電機本体の勉強をしています。

印象に残っている仕事やエピソード

業務を担当した当初は、当部の標準システムがなかったため、1件1件の見積案件に対して1から仕様検討をし、時間をかけて見積を纏めていました。そのためシステムの標準化が必要であり、見積作業の傍ら、当部の標準となる思想の整理や様々な製品の比較作業を行ってきました。現在は100%ではありませんが標準化システムを策定でき、また自動計算ツールを作成するなどして見積時間の軽減を達成しています。

今後の目標

まずは担当機器、そして本体、システム全体の仕様・原理に関する知識を身につけることでシステムの本質を理解し、お客様が求める合理的なシステムを提案できるエンジニアとなりたいと思います。社内の教育制度の利用や各種資格の取得などを積極的に行い、自己研鑽に励みたいです。

オフの過ごし方

お酒が好きな友人と飲みに行きます。最近は、美味しいお酒を用意し、それに合うおつまみを作って、家でゆっくりと過ごすことが多いです。
茨城県は魚介類・農作物のどちらも恵まれた土地であり、素材を活かした美味しい料理を作れるように腕を磨きたいと思います。

一日のスケジュール

8:50 出社
9:00 お客様仕様書を確認し、見積回答書類を作成する
10:00 電話及びメールにてメーカとの仕様調整及び問い合わせを行う
12:15 昼休憩
13:00 提出する見積および添付資料の内容について、部内審議を行う
14:00 審議でコメントされた内容について修正後、提出資料の最終チェックを実施する
17:00 見積を提出
17:20 退社

同じ職種の先輩