本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

桂

会社情報を見る

計画側や作業者の方々と「安全で良い製品を作る」という目標に向かって
<br />業務に取り組み、日々向上していこうと思います

入社動機

私は、幼い頃に経験した震災から社会インフラの大切さを肌身で感じており、「将来はインフラ分野の職業に就いて社会を支えたい!」といった漠然とした考えを持っていました。
就職活動中に参加した日立グループの合同説明会で、当社には、国内外を問わず数多くのインフラ業界で活躍の場があることを知り、「この会社なら働きがいがあって日々成長することができる」と魅力的に思えたので志望しました。

仕事内容

発電所内で、人体における「血管」のような役割を担っている「配管」の設計業務に携わっています。
発生した蒸気を、様々な機器を循環させ発電するために、発電所内では配管により機器と機器が結ばれています。
私は設計でもモノづくりのフェーズを担当しており、使用環境に合わせた最適な材料選定、図面作成、製作手配、メーカーや現地との工程調整を主に行っています。

また、重要機器廻りの配管には特に高い適切性が求められるため、お客様や第三者機関に製造工程の安全性を確かめてもらう必要があります。
最近は、このための書類作成業務も担当するようになりました。

仕事の面白さ・醍醐味について

やはり、担当製品の手配材料が予定通りに工場へ入荷し、何事も無く製品として現地へ据付けられた時は、大きな達成感を味わうことができます。
また、計画工程側や作業者の方々と「安全で良い製品を作る」という目標に向かって業務に取り組めるので、日々向上していこうという気持ちになります。

仕事で苦労する点について

仕事をする上では、設計に必要な知識(材料力学、流体力学、熱力学等)、溶接に関する専門知識、様々な法律や規格基準について深く理解しておく必要があります。
また、製品の欠陥を未然に防止するため、過去に起きたトラブル事象にも精通しておかなければなりません。
そのため、疑問点や不安に思ったことは上長や先輩に都度アドバイスを貰うようにして、曖昧な記述や、作業者の方や後輩に対して誤った指示をしないよう常に意識しています。

印象に残っている仕事やエピソード

ある海外製品の試験体(サンプル)設計者の一員として、性能確認試験に携わったことが印象に残っています。
普段の業務と違って短納期で流動的な仕様変更があり、海外メーカーや現場作業員との意識のズレもあったので調整に苦労しましたが、スケジュールの遅延もなくお客様の要求通りの試験体を納めることができ、無事に完遂させることができました。

今後の目標

まずは地道に勉強し、上流側および下流側の各工程の方々とコミュニケーションを密に取り続けて周りから信頼される設計者となることが必要だと思っています。

そして、日立グループはグローバルカンパニーですので業務も徐々にグローバル化していくことが考えられます。
現在は国内向けの業務に就いていますが、英会話スキルをしっかりと身に付けて、将来は、海外のお客様やメーカーの担当者の方への対応ができる設計者になりたいです。

オフの過ごし方

休みのほとんどは、会社の同期と一緒に食事をとることでリフレッシュしています。
多少遠くても美味しいご飯屋さんがあれば、ドライブしながら出掛けています。

また、夏場になると工場の電力調整で3〜4日の連休がありますので、その際は友人と国内旅行を楽しんで気分転換しています。

一日のスケジュール

8:30 出社、メールチェック 、1日の作業内容の確認
8:50 グループミーティング、ラインミーティング
9:00 図面や計画書などの書類作成、チェック
10:00 計画側との定例会議
12:15 昼休憩
13:00 工場現場へ出向いて鋼材や製品の確認
15:00 図面や計画書などの書類作成、チェック
17:20 退社

同じ職種の先輩