本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

大友

会社情報を見る

仕事を通じて確かな技術力を持ち、社会に貢献できるような
<br />エンジニアに成長できると思い、当社を志望しました

入社動機

就職活動中、今の生活に不可欠な「電気」を作る、電力・エネルギー産業に携わりたいと思っていました。
その中で、学内や学外での会社説明会を通し、当社が発電設備の設計から製造、据付、保守まで担っていることを知りました。そういった仕事を行っていく中で確かな技術力を持ち、社会に貢献できるようなエンジニアに成長できると思い、志望しました。

仕事内容

主に国内や国外の火力発電所の計装工事の計画・設計を行っています。
計装工事は聞き慣れない単語かと思います。
具体的には、発電プラントを制御するためにプラントの運転状態(温度や圧力、流量など)を測定する必要があり、そのための適切な計器の選定や計測方法、据付方法についての計画・設計を行っています。また、設計業務の他に、現地での取纏め業務も行っています。例えば、計器は輸送や据付中の振動、長年使用していくうちに計測誤差が大きくなるため、現地での計器調整作業が必要とされます。その作業の取纏めなどを行っています。

仕事の面白さ・醍醐味について

プラントは主機(タービンや発電機)、補機(ポンプや熱交換器など)が重要であるのは当然ですが、計装がしっかりしていないとプラントや各機器の運転状態を適切に制御できないため、計装も責任のある重要な分野です。その分、設計から携わった発電所において、無事に据付、試運転およびお客様への引き渡しが完了すると、みなさんが使用する電気を供給できますので、やりがいを感じられます。

仕事で苦労する点について

仕事で大事なことは色々な人とのコミュニケーションだと思います。 プラントを計画・設計していく中で、主機や補機、本体配管を主とすると計装工事は従の関係となります。しかし、適切な計測方法を計画するうえで、上流工程側の計画・設計に要望を出す必要があります。さらに、近年はエンジニアリング期間が短く、またお客様からの要求についても考慮する必要がありますので、関係部署とのタイムリーな対応が求められます。ただし、各設計において様々な制約・条件等あり、打合せ等でお互いに調整していく必要があります。

印象に残っている仕事やエピソード

ウズベキスタンの発電所の建設作業に従事したことです。
初めての海外出張であり、初めての土地・文化、日立製作所も含めた各社の現地指導員は初めて会う人ばかりという、初めてづくしの仕事でした。現地ではトラブルが多発しましたが、社内の方や現地指導員に協力してもらいながら、なんとか作業を終えることができました。
この経験から、仕事は一人だけではできず、多くの人の協力があってこそできるものだと、あらためて認識しました。

今後の目標

今後の目標は単純ですが、早く一人前の技術者になることです。
一人前になるには多くの知識を獲得し、色々な経験を積まなければいけないと思います。
今後は後輩も少しずつ増え、教えていく立場になっていくと思いますので、諸先輩方のように後輩の手本になれるよう、日々の業務を通して一歩一歩確実に成長していきたいです。

オフの過ごし方

休日は職場の人たちとの野球や、妻や友人とのテニスで体を動かしたり、逆に部屋でのんびり過ごしたりしています。
会社生活は大変なことも多いと思うので、平日は仕事に集中し、休日は仕事を忘れてリフレッシュするなど、メリハリのある生活を心掛けるのが大事だと思います。

一日のスケジュール

8:40 出社、メールチェック、朝礼、グループミーティング、スケジュール確認など
9:30 各種図面チェックや作成。打合せが予定されている場合、打合せ資料の準備
11:00 懸案事項について関係部署との打合せ
12:15 昼休憩
13:00 図面作成や各部署からの問合せメールへの回答など
17:20 定時。(残業)
19:00 (残業)翌日の作業内容の確認。退社

同じ職種の先輩