本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

鈴木

会社情報を見る

日々、勉強の毎日ですが色んな知識と経験を得られることは
<br />自分の成長にダイレクトに繋がると思って頑張っています

入社動機

「社会を支える仕事がしたい」という希望があり、社会インフラの土台となる電力・エネルギー分野の会社に就職しようと思っていました。
会社説明会に参加した際、電力・エネルギー分野において設計から保守サービスまで幅広い職種の方々が色々な場所で活躍していることを知り、好きなところで好きな仕事ができると感じたことがこの会社に興味を持つきっかけでした。また、ずっと働く会社であるならば社員を尊重する会社に就職したいと思っていたこともあり、社員の一人一人を「人財」として尊重しているこの会社の理念と私の考えがマッチしたことが、入社の一番の決め手となりました。

仕事内容

私は、入社以来一貫して電力プラントの予防保全設計業務に従事しています。
電力プラントにおける様々な保守データを活用して保全の有効性を評価し、電力プラントのさらなる安全性と信頼性の向上をめざして業務に取り組んでいます。
現在、電力プラントを取り巻く環境は非常に目まぐるしく変化しています。しかし、そのような環境であるからこそ十分な安全性を保ちながら電力プラントを効率良く動かすことが不可欠であり、予防保全設計は重要な役割を担っています。

仕事の面白さ・醍醐味について

現在、私たちは若手メンバーを中心としたタスクを立ち上げ、新しいシステムの設計を行っています。今まであまり関わっていなかったシステム設計の方々と仕事を通して繋がっていくことは、非常に面白いと感じますし、新しい仕事にチャレンジするチャンスを得られたのは今までやってきたことが評価されてのことだと嬉しく思います。勉強の毎日ですが色々な知識と経験を得られることは、自分の成長にダイレクトに繋がると思って頑張っています。

仕事で苦労する点について

会社には、幅広い年齢層、幅広い業種の方々がいるため、ミーティングなどで伝えたいことがうまく伝わらないことがあります。
特に専門的な知識を持っている方々とミーティングをした際には、私自身の知識が不足していると実感することが多々あります。そのため、的確な受け答えができるように事前調査と事前準備をしっかり行ってからミーティングに臨むようにしています。

印象に残っている仕事やエピソード

初めて担当した案件は今でも印象に残っています。
プラント機器の経年劣化傾向を評価する業務だったのですが、初めて担当したということもあり、何をどのように評価して良いのか全く分からず悩んだ思い出があります。上司や専門分野の方々の意見を参考に、多くの問題を色々な図書や過去の資料を読みあさって解決していったことがあります。苦労を乗り越えて、無事に終えることができた際の達成感と打上げでのビールの味は、今でも強く印象に残っています。

今後の目標

様々な業務に携われることを活かして、幅広い分野で活躍できるエンジニアになりたいと思います。そのためには、ベースとなる今の仕事に集中しながら多くの知識と経験を積むことが、目標とするエンジニアへの第一歩となることと信じて業務に取り組んでいます。
また、最近では社内の英語研修を受講しています。最終的には社内の留学制度を利用して海外で勉強することも1つの目標となっています。

オフの過ごし方

私は趣味が多く、サーフィン、ゴルフ、それらに加えてアメリカンフットボールのコーチもしています。
ゴルフについては、始めて数ヶ月で会社のコンペで優勝してしまいました。先輩方への申し訳ない気持ちと同時に自分の才能の恐ろしさも感じました。
社会人になるとオン・オフの切替が非常に重要になると思うので、休みの日には全力で遊んでいます!

一日のスケジュール

8:50 出社。ラジオ体操後にユニット朝礼を行う
10:30 業務タスクミーティング。情報共有をこまめに行う
12:00 昼休憩。日立発祥のスポーツ"パンポン"でリフレッシュ
13:00 午後の業務開始。保守データから評価を行う
15:00 評価結果のチェック
17:00 お客様提出資料の作成
17:20 定時(残業)
21:00 仕事を終え、スポーツジムへ行く
22:00 帰宅

同じ職種の先輩