本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

高橋

会社情報を見る

試運転後の生産運転で無事に圧延できたときは
<br />それまでの緊張が解けてなにより安心しますし、達成感もあります

入社動機

大学の求人募集パンフレットで当社を知り、会社説明会に参加しました。
そこで、発電所や上下水道をはじめとしたインフラ関連の業務のほか、圧延機などの機械製作も行っているなど幅広い業務に携わっていることがわかり、「ここでなら自分に合った仕事を見つけられる」と考え志望しました。

仕事内容

鉄鋼プラントにある圧延ラインの現地試運転業務に携わっています。古くなった制御盤の更新や制御プログラムの改造を行った後で、試運転を行い動作や性能を試験して生産運転に問題がないかをチェックしています。
頻繁に出張を行う業務ですが、社内にいるときは、出張の準備・処理や出荷前の制御プログラム・図面の検査をしています。

仕事の面白さ・醍醐味について

お客様は今後の生産工程を考えて試運転の期間を設けているため、もし作業に誤りがあると場合によっては直接お客様の損失につながり、大きな責任が伴います。
そのため試運転後の生産運転で無事に圧延できたときはそれまでの緊張が解けて何よりも安心し、達成感もあります。

仕事で苦労する点について

お客様から質問・要望を受けた時の対応に苦労することがあります。

試運転で問題が発生した場合はなぜそうなったのか理由と対策を答え、要望ではどんな作業と段取りが必要か等を回答しなければなりませんが、技術的な面で自分だけでは答えられないことも多く、自分の経験不足・知識不足を痛感します。そのため、問題にならない部分でも気になったこと・分からないことは折を見て先輩や上司に質問し、自分のものにできるよう心がけています。

印象に残っている仕事やエピソード

ある案件で、社内検査から試運転まで全てに関わる機会がありました。そこで初めて現地の取り纏めをすることになり、普段の検査業務の他にもお客様との打ち合わせや、作業の段取りを考え説明するなど慣れないことを多く行いました。そのため、要領よくできたとは言えませんでしたが、今までとは違う経験ができ、先輩方の助けもあり無事に終えることができました。

今後の目標

今の自分の目標は、2つあります。1つは、まだまだ経験不足なので色々な現地試運転を経験し、検査をする上での知識や段取りの仕方を覚えていきたいということ。
もう1つは、機会があれば鉄鋼以外の分野の仕事も経験して、色々な能力を身につけたいということです。

オフの過ごし方

出張中にたまった家事や買い物を済ませることが多いですが、月に1度は同期や大学時代の友人と遊びに出かけるようにしています。そのときに友人の苦労話や面白い話をいろいろと聞くのが楽しみです。

一日のスケジュール

8:30 出社。まずメールをチェックして今日の予定を決め、作業の準備
8:40 業務開始。社内で試験する案件がある場合は検査の準備
9:00 設計担当者から試験用の図面やプログラムを発行してもらい、内容に不備がないかをチェック
12:00 昼休憩
13:00 メールをチェック後、試験場へ行き、出荷するプログラムを検査
16:00 今日1日で出た問題・不具合をまとめ、設計担当者へ連絡
17:10 帰宅

同じ職種の先輩