本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

鈴木

会社情報を見る

お客様の製品をコンサルタントが売り込むといった経験は他のコンサルティングファームでは絶対に経験できないことだと思います

入社動機

日立コンサルティングでは、コンサル会社でありながらお客様に近い立場で実業の経験ができるという点が入社の決め手でした。というのも、日立コンサルティングでは、日立グループに対するコンサルティングも行っており、その場合、他のコンサル会社では難しいところまでお客様側へ入り込みながら一緒に仕事ができると説明され、その点に魅力を感じたからです。
私は経験者採用となるのですが、最初の就職先は外資系コンサルティングファームで、約4年間ITおよび業務改善に関わるコンサルティングを経験しました。その後、、自分の専門領域を経営、戦略に変えていきたいと思ったのが転職のきっかけだったのですが、日立コンサルティングならば、その領域でコンサルとしてノウハウを身に着けながら、お客様の実業も経験できより成長できると感じ入社を決めました。

仕事内容

現在、日立グループ内のお客様に対し、グループ横断型での経営管理方式を構築するプロジェクトに携わっています。日立のようなコングロマリットでは、複数の部門が協調して事業運営を行っており、近年の社会イノベーション事業の注力化という経営方針により、その必要性が高まっています。
具体的な仕事としては各部門で行われている経営管理方式を調査し、新しい管理方式のあり方を検討しています。業務を分析して解決策を考え、各部門と調整する資料を作成しミーティングを行うというように、日々課題検討を繰り返しています。

仕事の面白さ・醍醐味について

仕事内容でも記載しましたが、経営管理方式という会社にとって重要な機能の構築に携われていることに、この仕事の醍醐味を感じています。この機能より、経営者が経営判断をするために直接見るような数値が提供されるため、会社の詳細を左右する意思決定に関係する、やりがいのある仕事に関われていると感じています。
また、入社前に感じた通り、お客様である日立グループ各社の方々との境界線が良い意味で緩く、コンサルタントではなかなか触れられない事業会社の深いところまで入り込むことができていると実感しており、その環境にも面白さを感じています。

仕事で苦労する点について

コンサルタントは経営層の方々と仕事をすることも多いため、こちらのレベルを上げなければいけないというプレッシャーが大きいです。ただし、必死でキャッチアップしていくうちにスキル・ノウハウを身につけることができますし、経営者のお話を伺えるというチャンスにも恵まれていると思います。

印象に残っている仕事やエピソード

日立グループの新規事業立ち上げプロジェクトに参画し、新規サービスの開発と、提案書などの営業ツール企画・作成を支援するとともに、そのサービスを自分自身でお客様に売り込むセールス活動まで経験させていただきました。実際にお客様に提案し好感触を得ることができた際は、大きな達成感を味わうことができました。お客様のチームの一員として、実際の販売活動の支援をするというタスクにより、短期間で幅広い業種・業態の企業担当者への提案の場を踏むという、提案スキルを身につける上で非常に貴重な経験ができたと感じています。

今後の目標

今は早く自分で仕事を仕切れるようになりたいと思っています。そのために常に自分が仕切る立場になった時を意識するようにしています。上位クラスの役割定義や評価基準を念頭において、どうすればそれができるようになるかを考えています。また上位クラスは仕事を獲得できなくてはならないので、お客様との信頼関係の構築方法を研究中です。
先々はグローバル案件に携わりたいという目標もあります。グローバルの仕事をするためには英語ができるだけではなく、海外でも通用する核になる部分、ある領域での専門性が必要だと感じており、今は仕事を通じてそれを築く段階と捉えています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

運動が一番の気分転換になるので、週2日は運動することにしています。バスケットボールや登山、など友人と楽しい時間を過ごしリフレッシュしています。

一日のスケジュール

9:00 お客様先に出社。メールチェックなど
10:00 お客様との打合せ
12:00 お客様先の食堂で昼食
13:00 打合せ結果の議事録作成
14:00 社内作戦会議
16:00 個別作業
20:00 帰宅し、食事など
22:00 ランニング(5km)

同じ職種の先輩