本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

正下

会社情報を見る

社会貢献度の高い製品のエンジニアリング業務に
<br />非常に魅力とやりがいを感じたことが大きな志望理由です

入社動機

自身が工学系出身ということもあり、これまで学んで来たことが直接活かせる設計職種を就学時より希望していました。数ある設計職種の中で最も興味を惹かれた会社が、公共交通機関である鉄道車両のエンジニアリング業務を生業としている日立交通テクノロジー株式会社です。鉄道車両という公共性、社会貢献度の高い製品のエンジニアリング業務に非常に魅力とやりがいを感じたことが大きな志望理由です。また、愛着ある地元山口県での地元就職を希望していたことも大きな志望動機の一つです。

仕事内容

入社以来、新幹線や在来線をはじめとする鉄道車両の車体や構成部品の強度検討業務に従事してきました。FEM解析による設計段階における製品強度の検討や安全性の確認・検証が主な業務内容です。また最近では欧州向け車両のインテリアモジュールの設計・開発業務に携わり、海外メーカや顧客とのやり取りを実施しながら設計を進め、仕様の決定から製造、コミッショニングまで一連の業務を完遂しました。そして、自身が設計したモジュールを有する車両は、先日英国に向けて発送されました。

仕事の面白さ・醍醐味について

仕事の面白さは、自身が携わった車両が完成し、無事出荷された時の”達成感・充実感”に尽きると思います。設計・開発という職種の都合上、技術(仕様)・工程・コストの3点を常に念頭に置いて業務を遂行しなければならず、納期前には面白いどころか悩み、苦しむ時間のほうが多いですが、その分製品が完成し、無事出荷された際の喜び、達成感、充実感はひとしおです。

仕事で苦労する点について

どこの会社でも同様だとは思いますが、限られた時間、予算の中で、様々な諸問題を解決し、要求仕様を満足した製品を設計・開発することは並大抵の苦労ではありません。どのように仕様を満足しながら低コスト化を実現するのか、実現するために取組むべき課題は何なのかといった各種問題点を自身で考え、提起・対応していかなればならない点が最も苦労するポイントです。また同時に、設計・開発業務の最大の醍醐味だと思います。
近年のグローバル化の進展に伴い、海外顧客・サプライヤとのやり取りが常態化している昨今では、英語でのコミュニケーションを避けて通ることはできません。これらの対応も現在苦労している点の一つです。

印象に残っている仕事やエピソード

最も印象に残っているのは、何といっても2011年度の海外業務研修にて英国Ashfordで過ごした1年間です。この研修制度は、現地での文化、業務、働き方を学び、体験することを目的として、年に2名ほど1年間海外へ派遣するというものです。英国で過ごした1年間は、仕事のみならずプライベートも含めてかけがいのない貴重な経験であり、今でも自身の中で大きな財産として残っています。この貴重な体験を通して得た現地での人脈や働き方は、現在の業務を遂行する上でも非常に有意義なものとなっています。

今後の目標

グローバル化に対応したエンジニアとなることを目標として更なるスキルアップを図り、会社のグローバル化に貢献していきたいと考えています。また、自身がここまで成長できたのは厳しくも温かくご指導いただいた会社の先輩、上司の皆様のご指導の賜物であり、今後はご指導いただいた内容を後輩社員へ引継ぎ、育成に貢献していくことも重要なミッションのひとつだと考えています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

日々の業務で疲れた心を休日に家族で外出,子供達とアウトドアでのんびり過ごすことでリフレッシュしています。また、定時後に同僚と居酒屋で語りあう飲ミニケーションも頻繁に開催しており、こちらもオフ時の定番となっています。

一日のスケジュール

6:30 起床
7:40 出社:メールチェック、スケジュール確認
8:30 就業
12:30 昼休み
13:00 午後の就業開始
21:30 必要に応じて残業
22:00 帰宅

同じ職種の先輩