本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

山田

会社情報を見る

製品開発は試行錯誤の連続で、大変なことも多々ありますが
<br />形となって世に出たとき、大きな達成感があります

入社動機

大学時代は物理学を専攻してしていました。考えるだけでなく実験など手を動かすことが好きだということで、装置開発という仕事に興味を持ちました。成果が形となって見える仕事がしたい、仕事を通じて社会に貢献したいという思いもあり、分析技術を通じて広く社会に貢献できると考えこの会社を志望しました。会社説明会では、先輩社員の方々から色々な話を伺い、そこから伝わってくる自由闊達な雰囲気、チャレンジできる社風にも惹かれました。

仕事内容

入社して以来、熱分析装置の開発に携わっています。熱分析は温度を変えながら試料の特性を計測する手法で、材料開発や品質管理などの幅広い分野で使われている分析手法です。物によっては1年から2年にもなる開発プロジェクトでは、目標となる仕様を定めるところから始まり、必要となる要素技術の確立や、その後の試作機の評価、量産までを設計や製造といった様々な関係部門と協力しながら一貫して担当します。また既存製品のブラッシュアップや、フィールドで起こる製品トラブルに対応することもあります。
技術の仕事は、ただ実験や評価をするだけではなく、開発プロジェクトの中心となって動く部署です。社外や他部門とのやり取りも多く、営業部門やサービス部門はもちろん、特注の案件などお客様と直接の打合せを行う機会もあります。

仕事の面白さ・醍醐味について

世の中にない新しいものを生み出し、自分のアイデアが形となって製品になる、これが最大の醍醐味だと思います。製品開発は最初から最後まで試行錯誤の連続で、大変なことも多々ありますが、自分が携わったものが形となって世に出たとき、大きな達成感があります。
優れた性能を評価してもらいお客様に選定いただいた話を営業から聞いたりしたときや、またお客様の現場を伺って実際に製品が使われているところを見たときなどは、苦労して形にしたものが世の中の役に立っていると感じられうれしく思います。

仕事で苦労する点について

製品開発に限らず、仕事というものは一人では出来ません。チームで協力し、社内、社外の多くの人と関わりあいながら進めていきます。そのためには、関係部門の意見や細かい日程などを調整しなければなりません。相手の考えを聞きつつ、また自身の考えも伝えながら人に納得して仕事を進めてもらうことは自分で動くよりもずっと難しく苦労する点です。チームメンバーにもそれぞれ違った考えや思いがあるので、出来るかぎりコミュニケーションをとりながら意見を調整しバランス感覚を持って取り組んでいます。

印象に残っている仕事やエピソード

入社して2年目に、新しい熱分析装置の開発メンバーとしてプロジェクトに参加する機会を与えられました。開発目標は非常に高く、従来機を大きく超える性能をめざして日々センサーや加熱炉などの新しい要素開発に取り組みました。開発は順風満帆ではなく試作も失敗の連続でしたが、、若手の自分にも自由に意見を述べるチャンスがあり、また認められれば採用されることもあり、難しいながらもとても奮起したのを憶えています。
また製品に採用している海外メーカ―部品のトラブルで、アメリカの現地工場を訪ね対応したこともありました。メールや電話会議ではなかなか対策が進まず、納期も迫る中での出張でしたが、実際に現地で先方の担当者と話をして協力して対応することで課題は解決に向かい前進しました。初めての海外出張でありましたが、人と人とのコミュニケーションの大切さを改めて感じた点でも印象に残る出来事でした。

今後の目標

より幅広く専門的な知識を身に付け、将来に向けた新しいテーマやお客様のニーズに応えられる製品を生み出せる技術者となることが目標です。そのためにも自分自身のアンテナを常に高く張り、常にチャレンジしていける人財になりたいと思っています。製品開発を通じ、日立ハイテクサイエンスへの信頼、ブランドをさらに高めていけるよう、開拓者精神をもって取り組んでいきたいと考えています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休日は家族で過ごすことが多いです。ドライブや公園に散歩に行ったり、買い物に出かけたりします。

まもなく3歳になる娘は好奇心も旺盛になり、あちこち一人で動きまわるので目が離せません。
出かけた先で楽しそうにしている妻や子どもの笑顔を見てリフレッシュしています。

一日のスケジュール

8:30 始業。メールをチェックし、依頼事項などを確認し1日の予定を確認
9:00 朝のミーティング。プロダクトメンバーで各自のタスクの進捗等を報告
10:00 実験、評価、問い合わせへの回答
13:00 協力メーカーと打合せ
15:00 試作の仕様打合せ、仕様書のまとめ
17:00 翌日の実験の準備
18:30 退社

同じ職種の先輩