本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

袖澗

会社情報を見る

私は学生時代、情報系を専攻していました。情報系の勉強をしていく中で、日頃当たり前のように利用している情報システムを「利用する立場」から「開発する立場」になりたいと思い、IT関係の業種・職種に絞って就職活動をしていました。その中で、面接や先輩社員との座談会等を通して、一番明るく雰囲気が良いと感じ、日立INSソフトウェアを志望しました。<br />実際に入社してみて、想像していた以上に働きやすい環境が整っていると感じています。<br />

入社動機

私は学生時代、情報系を専攻していました。情報系の勉強をしていく中で、日頃当たり前のように利用している情報システムを「利用する立場」から「開発する立場」になりたいと思い、IT関係の業種・職種に絞って就職活動をしていました。その中で、面接や先輩社員との座談会等を通して、一番明るく雰囲気が良いと感じ、日立INSソフトウェアを志望しました。
実際に入社してみて、想像していた以上に働きやすい環境が整っていると感じています。

仕事内容

電話対応をするオペレータ向けシステムの開発プロジェクトに参画しています。現在は設計工程を行っています。内容としては、お客様からの要件をもとに、画面のレイアウトや各画面の処理内容、データベース構造などの設計書を作成します。入社してから設計工程の経験が少ないため、何度も上長とのレビューを行いながら仕事を進めています。

仕事の面白さ・醍醐味について

システムを開発していく中で、開発後術・知識だけでなく、お客様の業務知識も必要となります。そのため、仕事をしていく中で、様々な知識が増えていくことが醍醐味であると感じます。
また、私が開発した機能が正常に動作した時の達成感は、この仕事の面白さであり、やりがいであると感じています。

仕事で苦労する点について

まだ開発技術・知識が乏しいため、設計書を作成する際、お客様の要件が技術的に実現可能であるか判断するのにとても苦労します。そういった課題について、自分で調査を行い、自分の考えを持って先輩に尋ねることで、課題を解決するように心がけています。

印象に残っている仕事やエピソード

入社2年目の時に私ひとりで携帯端末向けのアプリケーションを設計、開発したことです。
当時、携帯端末向けアプリケーションの開発経験がなく、開発言語の知識もありませんでした。なので、開発方法の調査や開発言語の勉強をしながら作業を進めていきました。最初は不安が大きかったですが、テストまで完了し正常に動作した時は今までにない達成感を感じました。

今後の目標

仕事をしていく中で、経験・技術・知識が足りないと感じることが多々あります。今後は様々なシステム開発を経験することで、技術・知識を増やし、チーム内からもお客様からも頼られる存在になりたいと思っています。

オフの過ごし方

日立INSは同好会が多数存在し、その活動に参加しています。私は主にサッカー・フットサルやゴルフ等、スポーツ系の同好会に参加しています。仕事では関わらない他部署の方との交流もできるため、社内での輪が広がり、充実した休日を過ごしています。

また、同期と仲が良いため、定期的に同僚と飲み会を開催したり、バーベキューやスノーボードに行ったりしています。

一日のスケジュール

9:00 メール確認、スケジュール確認
10:00 自席で設計書の作成
11:00 作業の進捗報告
12:00 職場の同僚と昼食
15:00 作成した設計書を上長にレビュー
18:00 帰宅

同じ職種の先輩