本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

三好

会社情報を見る

技術革新のスピードについていくことは容易ではありませんが、<br />その分、新しい領域を切り開いているというやりがいがあります

入社動機

日本のものづくりに貢献し、グローバルに活躍できる仕事をしたいと考えた結果、生活・産業を支える半導体分野において世界トップレベルの半導体製造装置技術を持つこの会社で、海外営業にチャレンジしたいという思いで入社しました。

仕事内容

1つの半導体(ICチップ)を作るための工程は多岐に渡り、それぞれに異なる半導体製造装置が必要になります。
私たちの事業部ではそれらの中で主に成膜工程を担う装置を取り扱っており、私は営業として海外の大手半導体メーカー向けに営業活動をしています。
具体的にはお客様訪問を軸に、新規装置の弊社納入済み装置に関する提案、販売、販売後の継続的な仕様改善等を行っています。
どんな時でもお客様と自社との間に立ち、「双方がWin-Winとなれる着地点」を見出し案内することが営業の仕事です。

仕事の面白さ・醍醐味について

パソコンやスマートフォンなどの話題の新製品に、担当するお客様が製造したCPUやフラッシュメモリが採用される時は、自分の業務、自社の企業活動が社会に貢献しているという手応えを感じます。
数年ごとにプロセス技術が世代交代する半導体分野において技術革新のスピードについていくこと、自ら牽引していくことは容易なことではありませんが、その分、常に新しい領域を切り開いているというやりがいがあります。

仕事で苦労する点について

技術革新のスピードが上がるのに伴い開発から量産展開への移行期間も短くなってきており、新しい技術を次々投入していく中で誰も経験の無い新しい課題が発生し、解決に向け対応をし続けることが求められます。
また、海外のお客様との文化の違いに戸惑うこともあります。
ただし、新たな課題への対応も、異文化への対応も基本は変わりません。先入観に囚われず一つずつ事象を見極め、相手の考えを理解するよう心がけています。

印象に残っている仕事やエピソード

初めて1人でお客様に対して、装置の生産性向上の提案を行ったときのことが印象に残っています。
語学力、製品知識に不安を覚えながらも工場設計者や先輩社員の協力を得ながら資料を作成し、心なしか震える手でレーザーポインタを握って報告をしました。
なんとかこちら側の提案通りに進めていくことに納得頂き、それまで素っ気無かったお客様に「次回もまたあなたが来てください」と言っていただいた時は非常に嬉しかったことを覚えています。

今後の目標

目下の目標は、お客様の一番近くに立つ営業として、より確かな信頼関係を構築していくことです。
その上で、次世代に必要となる技術・コスト戦略を見極め、お客様・自社が共にこの先5年・10年・15年と発展できるよう周りを牽引していく営業になりたいと考えています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

子どもが生まれてからは、子どもと一緒に遊ぶ時間が多くなりました。
毎日のように新しい言葉、新しい動きを習得していく子どもの姿はとても刺激的です。
子どもに負けず自分も新しい業務、新しい領域にチャレンジし成長していきたいと思います。

一日のスケジュール

8:30 出社、メールチェック、打合せ資料準備
10:00 お客様訪問に向け、海外現地・国内工場と事前会議
12:00 昼食(現地パートナーとの情報交換)
13:00 打合せ資料取りまとめ、デスクワーク
15:00 お客様訪問、打合せ
17:00 帰社後、お客様訪問結果のフォローアップ(対応方針、担当割確認、工場への報告)
18:00 退社

同じ職種の先輩