本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

中根

会社情報を見る

苦労をして納めたシステムを無事納品できたときの達成感は<br />次の仕事をしていく上での自信とやる気につながっていきます

入社動機

大学の研究室で画像処理関連の研究をしていたため、就職活動は画像処理関連のメーカーについて調べていました。就職活動をしている中で、大学に来ている求人を見たときに調べたのが当社を知ったきっかけでした。映像・放送・無線など幅広く事業を展開しており、社員研修も充実していたため、ここなら自分も成長できるのではないかと考えたのが入社の動機となりました。

仕事内容

主に道路・河川・自治体などの公共向け監視カメラシステムの設計を担当しています。システムの設計というのは、機器設計とは違い、お客様が監視カメラを使用した業務運用を行えるよう、システムの設備構築を行っています。主な業務内容としましてはシステムの提案、仕様決め、機器手配、各部署への作業指示、現地対応までを行っています。大変な点としては他部署(機器設計、ソフト設計)、工場への製作指示書、営業からの技術的回答などさまざまな部署に対して指示を出さなければいけないため、監視カメラ以外の知識も幅広く求められることです。
システムを設計していく上ではお客様の要求仕様書(発注仕様書)に書かれていることをただ満たすだけではなく、お客様が本来求めている機能や使いやすさを考えながら設計を行っています。

仕事の面白さ・醍醐味について

自分で設計したシステムが社会インフラのひとつとして運用されており、実際に役に立っていることがシステム設計をしていて良かった点です。
設計したシステムは全国的に納めているため、実際に運用しているところはなかなか見る機会がないでのですが、ふと自分が設計したシステムの設備を見る機会があった時に、「私がこのシステムを設計したんだ」という気持ちで自慢に思うときがあります。特に苦労をして納めたシステムを無事納品できたときの達成感は次の仕事をしていく上での自信とやる気につながっていきます。

仕事で苦労する点について

システム設計は取りまとめを行わなければならないため、お客様以外にも多くの関連部署の調整を行う点で苦労しています。さまざまな意見はありますが、出来ること・出来ないことはあるのでうまくバランスをとりながら打合せを行っています。納期と予算に折り合いをつけながら、最大限より良いものを設計するという意気込みで仕事を行っています。

印象に残っている仕事やエピソード

入社2年目の課題の研修論文を終えてすぐに任された、高速道路のトンネル設備の更新工事です。既存設備の一部を生かしたままでの更新となるため、現地に何度も行き他社設備のインターフェース調査を行ったり、10年以上も前の他社の図面から仕様や接続個所を読み取るなど今までに経験したことのないようなことを行ったため、更新後の設備を形にするまでに大変苦労をしました。
工場調整でも他社設備とのインターフェースは10年以上も前の製品のため、準備ができず、いかにして現地に近い環境を作り出すのかということを考えるのも大きな課題でした。
現地工事においては試験調整で仮運用期間というものがある毎週現地に行き、試験を行い、本当に更新をしても問題ないのかという確認を一カ月間にわたって行ったことも良い経験となりました。さまざまな苦難を乗り越えて設備の更新を行い無事に案件をやり終えたときの達成感は仕事をしていて初めて得られたものでした。

今後の目標

さまざまなお客様や会社の方と一緒に仕事をする機会が多くあるため、まずは名前を聞かれただけで信頼されるような設計者をめざしていきたいです。そのためにはさまざまな、技術的知識力を向上させ、積極的な態度で仕事を行うことを心がけています。
今は受注した後の設計作業を行っていますが、将来的には受注前の提案活動から受注後の設計作業の一連の作業を行っていけるようになりたいです。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

同期とは仲が良く、平日はよく一緒に飲みにいくことが多いです。休日はドライブに行ったり、都内の温泉によく行っています。旅行も好きで長期休暇は同期と観光地巡りもしています。
会社のバドミントン部にも所属しており、地域の方と一緒に練習や大会にも出ています。

一日のスケジュール

9:00 出社、メールチェック、本日行う業務の整理、朝礼
10:00 設計作業、各部門への作業指示、営業からの質疑応答
12:00 昼食。同期と食事
13:00 新規案件の社内工程会議
15:00 協力会社との打合せ
17:00 設計作業、明日の仕事確認
17:30 退社

同じ職種の先輩