本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

吉野

会社情報を見る

大きな達成感に向かってポジティブに考える<br />どんな仕事にも真摯に向き合うことを大切にしています

入社動機

自分が今まで学んできたことを活かせるような職種に就きたいという思いが大前提としてあったので、学内説明会で当社を知り、興味を持ちました。
その後、会社資料などを読み情報を集めていく内に、プログラミングは多少学んできましたが組み込み系は経験がなかったのでチャレンジしてみたいという思いが湧いてきたことと、自分の携わった製品が全国のさまざまな場所で使われるかもしれないと思うととても魅力的に感じたので、入社試験を受けてみようと決めました。

仕事内容

主にカーナビゲーション向けのドライバ開発に携わり、仕様検討からテスト実施までのさまざまな工程の仕事を行っています。学生時代は主にソフトウェアを学んできたので、開発で必要となってくるハードウェアの基本的な知識を元々あまり持っていなかったのですが、OJTや各種教育により学ぶ機会がたくさんあり、経験不足を補えるような内容となっているので当初抱いていた不安はあまり感じずに済みました。
それでも時には行き詰ることもありますが、そうしたときには頼りになる先輩社員の方々が多くいらっしゃるのでアドバイスをいただきながら業務を進めています。

仕事の面白さ・醍醐味について

今はまだ学ぶべきことが多くあり、思った通りに仕事を進めることができないときもあるのですが、その分どんな些細なことであっても今まで知らなかった知識が身につき、それを業務に活かせるようになったときには大きな喜びを感じるようになりました。このようにして自分にできる仕事が少しずつ増えていくことに達成感と面白さを感じます。

仕事で苦労する点について

ひとつひとつの仕事に責任が伴うということになかなか慣れることができず、重く感じてしまうことがありました。学生時代にも責任のある立場で何かを行うということをしたことがなかったので、ボランティア活動なりサークルなりで責任者の立場を経験しておけば少しはこのような問題にもその経験を活かすことができたのかもしれないなと思います。しかしそういった経験がなかったので、私の場合は責任がある分達成感も今までより大きいとポジティブに考えるようにすることで頑張る気力が湧いてくるようになり、どんな仕事に対しても真摯に向き合おうという心構えができました。

印象に残っている仕事やエピソード

入社してすぐ就活生向けの会社説明会に若手社員という立場で参加し学生たちと交流する機会があったのですが、自分自身が入社したてであるのに、もう次に入ってくるかもしれない人達の前に社員の1人として立っているということにとても戸惑いを感じました。しかしこのことがあってから、もう来年には自分も先輩社員の1人になるのだということが少しずつ実感できるようになり、後輩の手本となるような社員になれるよう努力していこうと思うようになりました。

今後の目標

さまざまな経験をし、多くの知識を身につけることが目標です。今はどれも初めてのことが多いので、少しでも多くの経験を積み、臨機応変に対応できるようになりたいと考えています。また、幅広い知識を持ち、それを業務に活かせるようになるために資格取得などに力を入れて励んでいます。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休日は大学時代の友人と出かけたり、家でのんびり過ごすことが多いです。
しっかり休むことももちろん心がけていますが、週明けからの仕事に備えてリフレッシュできるよう好きなことを思いっきりするようにしています。

一日のスケジュール

8:45 出社。メールをチェックし、その日行う仕事を確認する
9:00 前日までの進捗状況などを報告・確認。準備ができたらその日行う仕事に取りかかる
11:50 昼休憩
12:35 昼礼。その日の連絡事項などを全体で確認する
12:50 午前中の進捗状況を踏まえ、引き続き仕事を行う
17:15 退社

同じ職種の先輩