本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

大田

浄水場や下水処理場のシステム全てを担当できる<br />設計者としての「想い」「考え」を詰め込むことができます

入社動機

大学院の研究室の先輩がリクルータを担当されており、他の企業よりも情報を得やすい環境にあったことがきっかけです。
私は大学院時代の研究内容と異なる業種の仕事をしたいと考えており、可能な限り仕事内容を明確にした採用情報を探していました。また、就職活動当時は「社会インフラ」の情報が発信され始めた時期であり、社会インフラの分野に携わりたいと考えていました。そんな私にとって、社会インフラ分野においてシェアも大きく、ジョブマッチングシステムを採用していて仕事内容を希望できる日立製作所に入社したいと考えることは自然な流れでした。

仕事内容

私は上下水監視制御システムや電気計装設備の設計を担当しています。現在は東京の浄水場のシステム設計が中心です。システム設計ではハードとソフト設計が含まれています。ハードでは電気設計を行っています。電気設計では浄水場のポンプなど非常に大きなモータを動かす設備から建物の照明まで健全に送電できるように行う必要があります。ソフトでは制御プログラミングと監視画面描画を中心に行っています。現在はIT技術の進歩により浄水場内システムの多くの部分に情報技術が採用されています。
ハードとソフト両方の知識を用いて「当たり前に水を流すこと」を守っています。

仕事の面白さ・醍醐味について

上下水道システム設計の醍醐味は、担当した浄水場や下水処理場のシステム全てを担当できることです。
自分の設計者としての「想い」や「考え」をすべて詰め込むことができます。また、工事業者や検査員など多くの方々と関係しますが、全員に対して指示を行って動いてもらうことができます。互いの信頼関係を築き、担当した仕事をやりとげた後の充実感は言葉にならないほと素晴らしいものです。
設計者として評価されてくると、社内だけでなくお客様からも信頼を得ることができます。「○○さんがそういうなら間違いない」「また○○さん宜しく」などの声を聞けることは非常に嬉しい瞬間です。

仕事で苦労する点について

仕事で最も苦労することは、必要知識の膨大さです。機械ならはポンプなど、電気ならばモータや電線、情報ならネットワークや機器情報はもちろんのこと。浄水場の水質や水処理に関する知識、下水処理場の微生物処理、それらを計測する工業計器など多種多様な知識が不可欠です。それらは時代とともに次々に追加、更新されるため日々勉強となります。

今後の目標

今後は、海外に向けたシステム設計へ裾野を広げていきたいです。現状水分野は国内が主となっていますが、人口が増えるほど水需要は増大するため、新興国をターゲットとして市場拡大を図っていきたいです。頼りになる先輩方と頼もしい後輩達と一緒であれば実現できると考えています。

オフの過ごし方

毎週フットサルに参加し体を動かしています。部外の人と一緒に楽しむことでストレス発散を行っています。また家では家族と一緒に外に出かけるようにしています。だれかと一緒に楽しむことで、感動などが倍増します。

一日のスケジュール

9:00 メールのチェック 依頼事項や確認事項など多くのメールが届きます
10:00 図面作成 最もやりがいのある時間です。集中して考えて、設計作業を行います
12:00 昼食
13:00 引き続き設計作業
15:00 電話対応 依頼事項や確認事項などメールだけでなく電話も多いです
16:00 現状把握 地味ですが大切な仕事です。現状の情報を入手し整理します

同じ職種の先輩