本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

三輪

いろいろな方々の協力を得て操業が始まった瞬間は、<br />何とも言えない喜びがこみあげてきたのを覚えています

入社動機

当時、大みか事業所は「情報制御システム事業部」という名前でした。大学時代、情報学研究科に所属し、また、制御分野の成績が他分野に比べ良かったため、自分の力が活かせるのではと考え志望しました。

仕事内容

製鉄所向けのインバータの設計、開発が仕事です。製鉄所では圧延機をモータにより駆動していますが、そのモータの速度制御をインバータにより行っています。お客様は国内の大手鉄鋼メーカから海外(中国、韓国、インドetc.)と多岐に渡ります。私の所属するGr.の中には、さらに量産Gr.と開発Gr.があり、量産Gr.ではラインナップとして存在するインバータを各お客様仕様に設計し、開発Gr.では新しいラインナップとなるインバータをゼロから設計する業務を行っています。

仕事の面白さ・醍醐味について

設計したインバータがお客様の製鉄所での立上げ(稼動)に成功する瞬間が最も嬉しい瞬間です。また、普段の業務においては、課題に対し、問題解決策を相談しながら出していき、その課題をクリアしたときに、ちょっとした達成感を味わえます。

仕事で苦労する点について

十人十色という言葉があるように人それぞれいろいろな意見を持っていますが、その意見がまとまらないときには、悩んだりもします。また、お客様の要求スペックが非標準の場合には、それなりに苦労します。

印象に残っている仕事やエピソード

2012年〜2013年にかけて、インバータの原価低減開発を担当させてもらいました。いろいろな方々の協力のお陰で、開発試験、初号機特殊試験を経て、今年7月下旬に、初号機の立上げを完遂することができました。操業開始(圧延開始)の瞬間は、何とも言えない喜びがこみあげてきたのを覚えています。

今後の目標

開発を担当した新しいインバータに、質、コストの点でより磨きをかけたいと思っています。また、自分の所属するGr.において、良い部分はもっと伸ばせるよう、悪い部分は問題解決できるように周りの方々と協力し、いろいろなことに挑戦していきたいと思います。

オフの過ごし方

ジョギングなどの運動をしています。また、飲みに行くこともしばしばあります。ジョギングは昔から好きなので、頻度は減りましたが今でも続けています。また、お酒を飲むといろいろな話もできて、週末楽しんでいます。

一日のスケジュール

8:40〜9:40 メールチェック。一日の業務のプランニング
9:40〜11:40 設計業務(デスクワーク)
11:40〜12:40 昼食
12:40〜14:40 打合せ
14:40〜15:40 打合せ結果まとめ。関係者へ連絡を取る
15:40〜17:40 設計業務(デスクワーク)

同じ職種の先輩