本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

座間

世界中の人と協力して仕事ができるということに魅力を感じて、<br />エンジニアリング業界を志望しました

入社動機

スケールの大きな仕事をしたかったということと、世界中の人と協力して仕事ができるということに魅力を感じて、エンジニアリング業界を志望しました。その中でも日立の先輩社員の方と話していく中で風通しが良く働きやすい環境だと感じたため、入社を決めました。

仕事内容

私はタイ向け化学プラントの機器設計を担当しています。

プラントを構成する塔槽類や熱交換器といった圧力容器の詳細設計を決定し、ベンダー(製作者)に発注、図面や要領書をチェックします。弊部では生産設備や工場を持たないので、ベンダーに製造を委託します。ベンダーの製作工場に出向き、直接製作指導することもあります。

仕事の面白さ・醍醐味について

入社して1年目の自分にもドンドン仕事を任せてもらえ、若手の頃から様々な仕事に取り組むことができます。また私の部署では新入社員一人ひとりに指導・相談役の先輩社員が張り付いて指導してもらえるので、わからないときでも遠慮なく聞くことができます。そのような中で自分で考えながら取り組むことで成長していけるのが、やりがいに繋がっています。

仕事で苦労する点について

上長や先輩社員から指示されたことをただ単にこなすのではなく、想像力をフルに発揮して上長が何を求めているのかその先まで見通して仕事をこなしていくことです。

文章に書くと当たり前のことですが、私は忙しさのあまり目の前の仕事をこなすことに一杯一杯になってしまい、そのことを忘れしまうことがありました。常に自分の仕事を振り返り、貪欲に今の自分に足りないものを取り込む姿勢を持つことが大切だと思います。

印象に残っている仕事やエピソード

入社1年目の夏の終わり頃、シンガポールの建設現場に海外研修で参加しました。試運転前の作業助勢で現場の作業員に指示する役目を任せられたのですが、自分が考えていた以上に難しく思うように進められませんでした。自分の伝えたい内容は頭の中にありますが、それを伝える言葉が喉から出てこないんです。そのときに言葉だけでなく、身振り手振りや、図を描いて思いを伝える等の非言語コミュニケーションの大切さを学びました。

今後の目標

誰にも負けない専門分野を持つことが目標です。現在の業務の専門技術や専門機器、遵守しなければならない法律や規格など身につけるべき知識は幅広くあります。5年後、10年後にどうなっていたいかを考えると、今何をしなければならないかが浮かんできます。将来、私はプロジェクト管理の仕事にも興味があるので、今は先輩社員を見ながら他部署やベンダーのハンドリングを身につけていきたいと考えています。

オフの過ごし方

週末はよく買い物に行きます。また平日はあまり運動しないので、出来る限りアグレッシブに行動するように努めてます。のんびりしたいときは、読書をしたり、海外ドラマを見たりしています。

スキーが好きなので、ウィンターシーズンになるとよく友人と滑りに行きます。最近は特にショートスキーにはまっていて、グランドトリックやエアトリックの練習しています。目標は空中で1回転です!

一日のスケジュール

8:00 出社。まずメールチェック。そして一日のスケジュールとTO DO LISTを計画します
9:00 部のミーティング。先週の報告及び今週の予定などを部内で共有します
9:30 お客様やベンダーとの設計対応。先輩社員にアドバイスをもらいながら、優先度の高い項目から対応する
12:00 同僚と食事
13:00 プロジェクトのミーティング。プロジェクトの進捗確認と課題意識を合わせます
14:00 ベンダーから受領した図面や要領書のチェック
20:00 退社

同じ職種の先輩