本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

三橋

ポンプだけでなく幅広い分野の知識を蓄積し<br />技術力を向上させ、信頼される技術者になることが目標

入社動機

大学で機械工学を専攻していた私は、社会を支える大型機械への関心が強く、また、人々の生活に欠かせない“水資源”に関わる仕事に就きたいと思っていました。そのころ、発電所や上下水道、農業、洪水対策などで使われている、大型ポンプという、人々の社会生活に欠かせない機器の存在を知りました。
就職活動で、リクルーターの方のお話を伺い、工場見学で実物を見て感じ、大型ポンプの役割の重要性もさることながら、ものづくりの奥深さ、精緻さ、そこに関わっている方々の情熱に触れ、製品と事業所への関心が強くなりました。人々の生活を支える大型ポンプを自分の手で世の中に送り出したいと感じたこと、さらに、工場見学などでお会いした技術者のようになりたいと思ったことが入社の決め手となりました。

仕事内容

担当業務は、製品の設計・開発を行っています。担当製品はお客様によって仕様が異なる、いわゆるオーダーメードのポンプです。お客様の仕様を満足するポンプを製作するための図面作成や強度検討、材質の検討などを行っています。ときには今まで使っていなかった新しい技術を適用することがあり、検証を行うための試験を計画・実施しています。また、どうすれば現在の製品がより高機能で、短い納期かつリーズナブルに製作できるかを検討することもあります。
私の所属部署では他に、お客様に当社製品の技術的な魅力を伝える活動や、お客様の仕様をともに考え、ニーズにあった最適なポンプ選定、より安全に長く使用していただくための提案、消耗部品の交換など、お客様がポンプを購入してから使用期間が終わるまでの一生をサポートする部署もあります。

仕事の面白さ・<br />醍醐味について

◆達成感
大型の作業機械は受注から製品稼動までに年単位の時間が必要です。設計・製作での種々の問題点をクリアし、現地で据付工事され、稼動されたときに言葉では表せないほどの達成感があります。

◆技術力
ポンプの歴史は古く、ほぼ完成された技術といわれていますが、高効率かつ高信頼性を得るため、日々努力しています。高い技術をさらに押し上げることは大変ですが、逆にそのような困難を乗り越えたとき、自信となります。このような状況で仲間と切磋琢磨し、技術者として成長していけることに充実感があります。

◆ものづくり
私の事業所には敷地内に工場があり、長い歴史の中で培った高い技術力があります。自分の設計した製品の製作過程を間近で確認しながら、“ものづくりのエキスパート”たちと会話(ときにお叱りを受けながら)し、製品をつくり上げることができます。

仕事で苦労する<br />点について

製品の設計・製作は、お客様はもちろんのこと、自部署の上司や同僚、部品を製作する部署、製品検査をする部署など、いろいろな方々と関わりあいながら進められます。
このような関係者と製作がうまく進むように製作方針やスケジュールを調整していくことが一番苦労します。

印象に残っている仕事やエピソード

まだ入社間もないころに担当した部品の新規開発業務がとても印象に残っています。
当時、ポンプのある部品がうまく動作せず、ポンプ全体の運転に影響を与えていました。時間はかかりましたが、うまく動作しない原因を突き止め、代替策を考え、なんとか問題を収束させることができました。
問題解決ができてよかったのですが、その課程でとても成長できたことを今でも強く覚えています。入社1年目で社会人としても未熟だった私は、関係者にご迷惑をかけ、ときにお叱りを受けながら仕事を進めていました。そんな状況でも、とにかくがむしゃらに、試験が深夜になることもしばしばあるなかで一生懸命にやっていると、いろいろな人が助けて下さるようになり、うまく進められるようになりました。仕事の進め方を覚え、成長を実感できた瞬間でした。

今後の目標

私の目標は、“信頼される”技術者になることです。
ポンプだけでなく幅広い分野の知識を蓄積し、技術力を向上させていきたいです。また、自社の製品の魅力を世界中のお客様に伝えられるコミュニケーション能力(語学力含む)を強化したいと思っています。
「○○に納めたポンプで、その地域の人々の暮らしや生活に貢献できた!」と10年、20年後に胸を張っていえるようになりたいと思っていますし、お客様から、日立のポンプはいいポンプだといってもらえるような製品をつくっていきたいと思います。

オフの過ごし方

休日は草野球や自転車などスポーツで体を動かして過ごすことが多いです。
特に社会人になってからはじめた、マウンテンバイクに乗って過ごす休日がとても楽しい時間です。
近くの里山を走りまわり、ときには素人も参加できるレースに出場しています。
体力的にはきついけれど、オフロードのシングルトラックを走り抜ける爽快感がやめられません。
レース後の仲間との打上げも楽しみの一つですね。

一日のスケジュール

8:00 出社。始業時間より少し早めに出社しメールチェックや1日の作業内容の確認
9:00 朝礼、グループミーティング。進捗や種々の期限の確認など。問題点も話し合う
10:00 デスクワーク(設計検討など)、他部署からの問い合わせ対応
12:00 お昼休み。同期と昼食
13:00 現場で製作過程の確認
14:00 会議資料作成
16:00 社内打合せ・会議
18:00 デスクワーク(設計検討など)
20:00 退社

同じ職種の先輩