本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

小川

製品をよくしようという思いはみんな同じ<br />「和」の心を大切に製品づくりをしています

入社動機

大学で学んだ知識を活用して、人々の生活を支える製品をつくりたいと考えていたとき、研究室の先輩から学内で会社説明会の誘いがありました。
その会社説明会で、研究室の先輩から社会を支える仕事なので責任はあるが、やりがいのある仕事であり、充実しているという話を聞き、次第に興味を持つようになりました。
その後、工場見学に参加させていただき、この会社で働きたいという思いが強くなり、入社を決めました。

仕事内容

社会インフラ(交通・電力・産業) などで使用される制御サーバー向けOS・ミドルウェアの設計開発をしています。
日々の業務では、製品仕様の策定からプログラムのデバッグに至るまで、一連の設計業務およびお客様への製品説明を行っています。

仕事の面白さ・<br />醍醐味について

OSの開発は、高いソフトウェアの知識のみならず、日々進化するハードウエアの知識が求められます。
日々の勉強と新たな技術に挑戦し、苦労して開発した製品が現地のシステムに組み込まれ、稼動している姿を見たときの喜びは格別です。

仕事で苦労する<br />点について

さまざまな部署が連携しながら一つの製品を設計・製作するので、開発に携わる人の意見を尊重しながら、意見の擦り合わせを行うことです。
意見の擦り合わせがうまくいかないこともありますが、製品をよくしようという思いはみんな同じなので、一人ひとりの意見をくみ取りながら「和」の心を大切に製品づくりをしています。

印象に残っている仕事やエピソード

印象に残っているのは、重要なプロジェクトにおいて開発部門のソフトウェア担当として、お客様とシステムをつくり上げたこと。
入社して初めて開発した製品をお客様へ納入したところ、さまざまな問題が発生しました。
その際に、日立の看板を背負う重圧と戦いながら、お客様と会話を重ね一つひとつ問題を解決し、システムが稼動したときに喜びを感じることができました。

今後の目標

私たちの担当製品は、これまで国内の幅広いインフラ分野で使われ、お客様から高い信頼を得ています。
この信頼や経験をベースとして、さまざまな海外市場のニーズに適合した製品を開発し、海外展開を進めていきたいと思います。

オフの過ごし方

休日は、会社の同期とともに夏はゴルフ、冬はさまざまな場所へ出かけスノーボードをしたりして、体を動かしています。
最近の目標は、ゴルフの成績が伸び悩んでいるので、日立市から1時間圏内にある数多くのゴルフ場を全て制覇しようと財布と相談しながら頑張っています。

一日のスケジュール

8:40 出社。メールチェック
9:10 プロジェクトミーティング。日々の進捗と課題・問題点の共有、本日の作業目標を決める
9:30 設計作業。製品仕様、設計ドキュメント、プログラム作成を行う
12:00 昼食
13:00 会議
14:00 議事録作成
15:00 設計作業(午前の続き)。製品仕様、設計ドキュメント、プログラム作成を行う
17:10 退社

同じ職種の先輩