本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

古川

残り少なくなった時間の中でも日立として<br />胸を張って出荷できる品質にしなければなりません

入社動機

志望するに至ったきっかけは、就職活動をはじめたばかりの頃に参加した日立のセミナーでした。
それまでは日立といえば家電のイメージしかなかったのですが、そのセミナーで社会を支える製品をたくさんつくっていることを知り、とても興味を持ちました。
その後、企業研究をしていくなかで、日立が列車の運行管理システム、それも新幹線向けのものをつくっていることを知り、志望度が高まりました。
日立なら、私の専攻である情報工学の知識を活かして人々の役に立ち、社会を変える仕事ができるのではないかと思い、応募しました。
そして、リクルーターの方や選考で面接していただいた方々がとても話しやすく、いい雰囲気を感じたことが日立を選んだ決め手になりました。

仕事内容

新幹線向け列車運行管理システムの品質保証業務。

新幹線の安全・安定輸送、定時刻運行をサポートするために、運行計画であるダイヤの作成、ダイヤに沿った信号機の自動制御、列車位置・沿線設備の状態を管理・表示する列車運行管理システムを提供しています。
私は複数の新幹線向け列車運行管理システム開発プロジェクトで品質保証担当として参加しており、ソフトウェアの設計内容についてのレビューや実機を使用しての試験による動作検証と、合否判定を行っています。
日立では、品質保証部に製品の出荷権限があるため、私の判断にとても重い責任があります。技術的な要素はもちろんですが、お客様の要求が満たせているか、日立ブランドにふさわしいものとなっているか、という観点で検証をし、品質について自信を持ってお客様に届けられるよう、仕事をしています。

仕事の面白さ・<br />醍醐味について

なんといっても、担当したシステムによって新しい新幹線が営業をはじめたときが最もうれしいです。
初めて担当したシステムは九州新幹線向けのものでしたが、開業後実際に鹿児島中央〜博多まで九州新幹線に乗ったときは、言葉では言い表せない感動がありました。

通常の業務においては、仕事の難易度がだんだんと上がっていく点も面白いです。新人の頃は運行管理システムの一部しか担当していませんでしたが、現在ではシステム全体を担当するようになりました。担当範囲が広がるにつれて、求められる観点、スキルがより多岐にわたるようになってきました。経験を積むとともに、常に何か新しいことを吸収し続けていられる点が面白いと思っています。

仕事で苦労する<br />点について

品質保証という仕事は、受注〜出荷までのプロジェクト工程の中で、最後である出荷の直前に位置しています。
また、我々のミッションとして、製品の品質を担保するだけでなく、社内の業務プロセスを変え、設計や製造段階からつくりこまれる品質をよくしていくというものがあります。
このため、我々が手に取ったときに製品の品質がよくなかった場合には苦労が多いです。残り少なくなった時間の中でも日立として胸を張って出荷できる品質にしなければなりませんし、よりよい品質のものを設計段階からつくれるように他部署への指導も行わなければなりません。
そういったなかで新しい不具合を発見すると見なかったことにしたくなったり、不具合修正が不完全であることを発見すると自ら不具合を解析してプログラムの修正をしたくなったりすることもあります。
自らの心の弱い部分と闘い、勝ち続けていかなければならないところが苦労する部分だと思います。

印象に残っている仕事やエピソード

本来であれば経験をしたことがない方がいいことなので、胸を張って紹介できることではないですが、社会(一般の乗客の方)に影響が出てしまったときの社内の事故対応がとても印象に残っています。
その製品に関わる部署(ハードウェア、OS、アプリケーションの設計、品質保証)の責任者の方々が集まり、原因の究明から暫定対策、恒久的な対策、お客様への報告などの対応がものすごいスピードで実施されていく様子を目の当たりにしました。事故への感度の高さがとても印象に残っています。
また、そんな中で私が担当している部分については各部署の責任者が集まった場で意見を求められたりと、責任者だけでなく担当者まで含めて一体となって対応していく姿勢を感じ、改めて自身の担当範囲への責任感が高まりました。

今後の目標

仕事の目標としては、将来的に自分がとりまとめて、社会(人々の生活)を変える製品を、いい品質でこの世に送りだすこと。
プライベートを含めた、めざす人物像としては、周囲に存在を期待される人間。また、映画「ライフ・イズ・ビューティフル」の主人公グイドのような男性、お父さん。

オフの過ごし方

3連休以上の休みがあれば会社の同期や、学生時代の友人と旅行へ行くことが多いです。
通常の休日は、愛車でドライブに出かけて写真撮影を楽しんだり、映画館で映画鑑賞をしたり、評判のお店に行ってみておいしいご飯を食べたり、友人で集まってフットサルやバドミントンをしたり、家でゆっくりと読書やゲームをしていたりと、いろいろしています。
また、平日は会社終わりに同期と会食したり、カラオケに行ったりして気分転換することも多いです。

一日のスケジュール

8:20 出社
8:40〜10:00 朝礼(業務状況報告)、メールチェック・返信、電話での状況確認など
10:00〜11:00 運行管理システムの検査(工場内試験場での試験)
11:00〜12:00 社内業務マニュアル改訂についての打合せ
12:00〜12:45 昼食(食堂にて同期と一緒に食べます)
12:45〜13:30 メールチェック・返信
13:30〜15:00 運行管理システム改造案件についてのレビュー
15:00〜16:30 運行管理システムの検査(午前中のつづき)
16:30〜17:10 検査結果のまとめ、報告メール作成・送信
17:20 退社、アフターファイブへ

同じ職種の先輩