本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

松島

会社情報を見る

少しずつ信頼してもらえるようになりたい<br />そのために、できることをやりきりたい

入社動機

私が当社の説明会に参加したきっかけは、日立グループで働きたいという憧れから。そして決め手となったのは、営業という仕事内容。理系出身というバックボーンを活かしつつ、人と接する仕事をしたいと思っていた私にとって、まさにぴったりだと感じたのです。そこに迷いはありませんでした。

仕事内容


プラントや社会インフラなどに計測制御システムを各地の食品工場へ導入しています。各工場へ向けてプラントの制御装置や生産管理システムを提案することがミッションです。我々はお客様とメーカーの間をつなぐ商社と位置付けられますが、既製品を右から左へと流すのではなく、お客様に合わせて付加価値を付けた製品・ソリューションを提供しなくてはなりません。そのために重要なのがお客様のニーズを引き出すこと。コミュニケーション力が最も大切です。

仕事の面白さ・<br />醍醐味について

先輩方は知識が豊富でお客様からの信頼も厚く、まさにこの分野のプロ。工場長のような幹部の方とも商談をまとめる力を持っています。そして、それが同時に我々営業担当にとってのやりがい、存在価値なのだと思います。お客様とメーカーの間に介在する我々の意味は、そこにあります。そんな一流のプロである先輩たちも、仕事が終われば気の許せる、よきチームメイト。一緒に飲んで、楽しく盛り上がっています。こうした恵まれた環境で揉まれていることが、私にはとてもうれしく思っています。

仕事で苦労する<br />点について

先輩とお客様が商談しているそばで聞いていても、最初の頃はまったく意味がわかりませんでした。今まで学生時代に学んだことをすぐに活かせるわけではなく、何がわからないのかさえわからないという状態でした。しかし、知識や経験がないのは当たり前。まずはお客様に私の顔と名前を覚えてもらい、少しずつ信頼してもらえるようになりたい。そのために、自分のできることをやりきることを意識しています。これからは徐々に知識も身につけていき、一歩一歩成長していきたいです。お客様先などへ同行させていただいていますが、行く先々ではすべてが勉強です。直接お客様と接することで、3年目の私でも、仕事に対してやりがいを感じることができています。

印象に残っている仕事やエピソード

 受注したシステムを立ち上げる際や、立ち上げてからの思わぬトラブルは、やはり印象に残ります。お客様、仕入れ先様と何度も打合せを重ね、問題点を抽出し、解決策を検討していきます。お客様からお叱りを受けたこともありました。しかし、お客様も含めてチームとなって、同じ目標に向かうことで、解決することができました。そうすることで、お客様、仕入れ先様との信頼関係が強くなっていけると感じます。
当社では、注文を取ってくるだけが営業の仕事ではありません。受注後も、お客様や仕入れ先様とのやりとりを欠かすことなく、常にアンテナを張っておくことが大切だと感じています。 

今後の目標

お客様から頼られる営業マンになることです。お客様が困られている時や、悩まれているときに、すぐに連絡をいただけるような存在になりたいと思っています。お客様は、その業界のプロ中のプロです。私も負けないよう、知識を蓄え、経験を積み、お客様からの期待に応えていきたいと考えています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

オフは、サッカー三昧です。プレイヤーとしてピッチでボールを蹴ることはもちろんですが、大学時代から始めた審判活動をいまでも続けています。プレイヤーとは違った視点でサッカーを楽しむことができるので、とても楽しいです。また、地元Jリーグチームの応援にも行きます。
最近は、温泉や岩盤浴にもよく行きます。サッカーの疲れや平日の仕事の疲れも、温泉や岩盤浴が癒してくれます。(サッカーや温泉の後は、必ずビールです!)

一日のスケジュール

7:40 出社。メールチェック。会社の独身寮から、通勤時間は1時間ほど
9:00 課のミーティング。先週の報告と今週の予定を確認する
10:00 今週にお客様に提出する見積書、提案書を見直す
11:50 ランチ。本社オフィスビル内はお店が多く、お昼ご飯は大きな楽しみ
13:00 茨城県にある仕入れ先の工場へ向かう
15:00 到着。先方の担当者と打合せを行う
17:30 終了。同行の先輩とビールで乾杯。今日は軽めに済ませて、そのまま帰る

同じ職種の先輩