本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

橋本

遠心圧縮機の納入先はほぼ全て海外です<br />海外研修制度など利用してグローバルに活躍できる人物になりたいです

入社動機

私が日立製作所に興味を持ったのは(かなり稀なケースですが)大学院での共同研究でした。
私は大学院で数値解析(コンピュータシミュレーション)による遠心圧縮機の研究を行っていて、将来、漠然とこの製品に関わりたいなと思っていました。そんなときに、打合せや就職活動で社員の方々とお話させていただいて、「自分で新しいものを設計し、シミュレーション解析を行い、実験で検証する。また、研究で得られた成果をすぐに製品へ反映する。このように製品に近い場所で研究開発を行うことができる」と知ったことが決め手になりました。
要約すれば、なんでも自分でやらなければならないということなので大変ではありますが、それだけやりがいもあり、たくさんの経験を積むことができるので、毎日が非常に面白く、入社してよかったと思っています。

仕事内容

Oil&Gas(石油や天然ガスなど)市場におけるプロセス用多段遠心圧縮機(プラント向けの遠心圧縮機)の性能開発をしています。
圧縮機とは吸い込んだガスを圧縮して吐き出す機械で、遠心圧縮機は遠心力の効果も利用するため、省スペースで高い圧力比を得ることができる機械です。そして、遠心圧縮機を含むターボ機械は、高効率だけでなく、広作動範囲(ガスの流量が変化しても安定した運転ができる範囲)、高圧力比、低騒音、が要求されます。
私は現在、羽根車と呼ばれる遠心圧縮機内の主要部品において、その羽根車シリーズの広作動範囲化を目的とした研究開発を担当させていただいています。
具体的な仕事の内容は上述したこととほぼ変わりません。目標達成のために自分で羽根車を設計し、シミュレーションを行い、実験検証を行い、それらの結果から製品適用に向けた設計基準を作成します。

仕事の面白さ・<br />醍醐味について

何度も書いていますが、「何でも自分でやることができる点」が面白いと思います。シミュレーションや実験をやってもらい、結果だけ受け取るのではなく、自分の手を動かしてデータを得て、分析し、結果を出していきます。特に実験検証している際には、その瞬間のデータは自分が世界で初めて目撃するものであり、そう考えると、とてもワクワクします。
また、製品に近い立ち位置で研究開発を行っているため、事業部の方から意見を求められることもあります。このように、大学時代と似たような研究開発という立場でありながら、世の中に新しいもの(製品)を生み出すことができるということがこの仕事の醍醐味だと思います。

仕事で苦労する<br />点について

業務で苦労するのは特に時間(期限)です。日立製作所も企業でありますから、(大学などとは異なり)研究開発にも期限があります。したがって、結果が出なかった場合でも、いつまでもダラダラと「あーでもない、こーでもない」と続けることはできません。研究開発が遅れてしまうと他社に遅れをとってしまいます。ですので、「何日までに何をしなければならない」というスケジュールをきちんと立てて研究を進めていくことを心がけています。

印象に残っている仕事やエピソード

自分の研究の試験が一番印象に残っています。私が行った試験はこれまで行ったことが無いことが多く、非常に大変でした。この試験では、遠心圧縮機内部で起こっている現象の解明を行うため、通常の性能計測に加えていくつかの計測を追加しました。その計測の追加が簡単ではなく、計測用のセンサーを取り付けるため、部品発注先の方々と、「どのような加工を行うか?」「その形状で強度は大丈夫か?」「それでガスは漏れないか?」「部品の交換はどうやってやるのか?」と何度も打合せを行い、図面を描き、部品作成をしていただきました。そして、部品が揃い、試験を行い、新しい現象の発見とともに満足のいく結果を得ることができました。「仕事は1人きりではできない」ということが身をもって理解することができた試験だったと思います。

今後の目標

早く一人前の研究者となることです。当社の遠心圧縮機の納入先はほぼ全て海外ですので、必然的に研究者も海外で学会発表するなどして知名度を上げていく必要があります。したがって、英語などまだまだ努力が必要な部分は多いですが、海外研修制度など利用してグローバルに活躍できる人物になりたいです。

オフの過ごし方

会社の同期と予定が合えば、夏はゴルフ(の練習)、冬はスノーボードに行っています。特に昨シーズンの冬は、毎週土曜日に日帰りでスノボに行っていました。それ以外の日は、一人でドライブしています。車内で音楽を楽しみながら、どこかへ行ってご当地グルメを堪能し、たいてい温泉に入って帰ってきます。平日はきちんと仕事をし、休日は思いっきり遊ぶ。充実した毎日です。

一日のスケジュール

8:30 出社し、まずはメールとスケジュールを確認
9:00 社内打合せ、研究データ整理、資料作成など
12:15 昼休み (同じ部署の方々と食堂で昼食)
13:00 試験計測、研究データ分析・整理、発表・会議資料作成
19:00 少し残業して退社。(週末は懇親会に行くことも)(水曜日は17:15定時退社)

同じ職種の先輩