本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

前野

会社情報を見る

仕事の一番の醍醐味は、やはり自分の研究成果が<br />現場技術や製品に適用されることだと思います

入社動機

大学では金属材料の研究室に所属していました。特に材料プロセスや材料複合化技術に興味があり、これらに関わる仕事をしたいと考えていました。日立金属は、幅広い分野の素材を手がけており、研究・開発にも積極的に取り組んでいるため、自分がこれまでに学んできたことを活かせる場があると感じました。また、実際に会社説明会や選考を受ける中で、人材育成にも力を入れていると知り、このような環境の中でさまざまな経験を積み、自分自身を成長させたいと思い入社しました。

仕事内容

金属を溶かして、型に流し込み、製品をつくる「鋳造」の技術を研究しています。現在は、鋳造の型の材料となる砂(生砂)について基礎検討を行っています。
生砂の主原料は、骨材の砂とバインダーの粘土で、これに水を加えて混練することにより、粘土の粘結力を引き出し、型に用います。この生砂の特性を100%発揮するためにはどのような条件で混練すべきなのか、また理想的な型をつくるために生砂はどうあるべきか、といったことを考えながら研究に取り組んでいます。

仕事の面白さ・<br />醍醐味について

研究開発の業務では、新しいことや未検討の問題に取り組む機会が多いため、やればやった分だけ新たな気付きや発見に出会えます。もちろん当初の実験目的に合った発見とは限りませんし、予想とは異なる結果が得られることも多々あります。ですが、そういう時にこそ考える余地があり、そこから新しいものの見方につなげられることもあります。わからなかったことがわかるようになるというのはたとえ些細なことでも楽しいものです。
また、仕事の一番の醍醐味を考えると、やはり自分の研究成果が現場技術や製品に適用されることだと思いますので、ここは常にめざすようにしています。

仕事で苦労する<br />点について

現在携わっている生砂の分野は、鋳造を行っている多くの会社で継続的な検討がなされていないように感じます。かくいう当社も、都度の改善活動はあったものの近年は研究テーマとしては取り上げてきませんでした。そのため、社内でも生砂に関して詳しい知見を持つ人が少なく、なかなか相談や議論をする機会がない点で苦労します。
ただ、上司や先輩社員の方々から、仕事の進め方やアプローチの方法に関して的確なアドバイスをいただけるので、日々勉強しながら一歩一歩進めています。

印象に残っている仕事やエピソード

入社3年目の「研修論文発表」が印象に残っています。これは入社してから2年間で取り組んできたテーマについて、その集大成を会社役員の前で発表するというものです。論文の執筆や発表資料の作成はとても苦労しましたが、その分発表を終えた後は大きな達成感がありました。また、他の同期の発表を聞くと、自分に足りない部分が見えたり、見習いたい部分があったりと良い刺激になりました。

今後の目標

現在行っている生砂の研究は、まだまだ基礎検討の段階であり、まずはこれを工場で実際に使える技術にまで高めていかなければなりません。そのためにも、研究所と工場で密に連携を取り合い、工場側が求める技術をしっかり把握し、自分の研究成果を最大限の改善につなげられるようにしたいと考えます。そして、国内工場だけでなく、ゆくゆくは海外の工場に横展開できるレベルまで研究を詰めていきたいと思います。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

普段あまり運動できない分、休日は、フットサル、スノーボード、ゴルフなどスポーツをするようにしています。
会社の方々と行くことが多いのですが、仕事ではあまり関わりのない他職場のメンバーと交流を持てる良い機会となっています。いろいろと新鮮な話を聞くことができてとても有意義な時間です。
また、私の所属する工場は年に1度、従業員向けの慰安行事を実施しています。写真はその時のものですが、私は子ども向けのイベントで輪投げを企画・運営しました。子どもが好きなので、こういったチャンスがあればよく参加しています。

一日のスケジュール

7:30 出社。メールチェックや一日のスケジュールを確認
8:00 職場のミーティング。週の予定や実験計画、連絡事項などの情報を共有
9:00 実験。砂試験に使用する治具の設計や試験方法の予備検討
12:00 昼休憩
13:00 実験。試験室で砂を混練し、特性の評価試験を行います
15:00 デスクワーク。データのまとめや翌日以降の実験を計画
18:00 勉強。論文や参考図書をチェックします
19:00 退社。帰宅後は先輩社員や同僚とよく飲みに行きます

同じ職種の先輩