本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

阿部

会社情報を見る

仕事を進める中で誰かが課題を与えてくれるとは限りません<br />自ら課題を見つけ解決する力が大事だと思っています

入社動機

会社説明会で出会った先輩社員の話を聞き、事業内容に興味を持ちました。日立金属が扱う製品は自動車・エレクトロニクス・産業インフラ分野など多岐にわたり、グローバルに幅広い事業を展開しており、世界でトップシェアを持っている製品が数多くあります。この会社なら自分が活躍できる場があると感じました。いろいろな社員の方々と話をし、会社の雰囲気が自分に合っていると感じ、社員の方々の人柄にもひかれ、この人たちと一緒に仕事をしたいという思いが日に日に強くなり、入社を決めました。

仕事内容

私は生産管理部の係長として、帯鋼製品の生産管理のとりまとめを行っています。扱う製品は自動車部品やカミソリ替刃、テレビやスマートフォンに使われる電子部品などで、それらの素材となる鋼を国内外のさまざまなお客様にお届けしています。生産管理の仕事は一言でいうと工場の司令塔です。受注・生産状況を確認し、お客様の納期と工場の効率を意識した生産計画を立て、製造現場に指示を出します。短納期注文や製造トラブルなどにより、計画を見直しすることは日常茶飯事です。私が常日頃心がけているのは、お客様の要求や製造現場の状況に素早く対応することです。生産管理に限らず、仕事ではスピードが大事だと思っています。それと同時に、自ら課題を見つけ解決する力が大事だと思っています。仕事では正解はひとつとは限らないですし、誰かが課題を与えてくれるとは限りません。うまくいっているときでも、常にいろいろなことを考えながら仕事をしています。

仕事の面白さ・<br />醍醐味について

突然、短納期での注文が入り生産計画を見直ししたり、製造トラブルで計画通りに生産できないこともありますが、お客様のご要求通りに出荷して感謝されたり、追加の注文をもらえたときには嬉しく感じます。また、自分の計画通りに生産できたときには、達成感を得られます。生産管理の仕事は周囲よりも一歩も二歩も先を考えながらする仕事です。物事を深く考えるのが好きな人はこの仕事に向いていると思います。月次・週次・日次の計画を立て、製造現場に指示を出し、結果をチェックし、次の行動につなげます。P(plan)、D(do)、C(check)、A(act)を回して仕事をするため、自分自身の成長を実感しながら仕事をすることができます。

仕事で苦労する<br />点について

お客様に約束した納期に遅れそうになったときにはやはり苦労します。突発的な設備トラブルや品質問題や人員不足など理由はさまざまです。生産管理部は、自分たちで製品をつくるわけでも、設備をメンテナンスするわけでも、技術的な課題を直接解決するわけでもありません。しかしながら、工場の中ではお客様に一番近い立場で仕事をするわけですから、現在の工場の生産状況が、お客様にどう影響を及ぼすかは一番わかります。そのため、問題が発生したら、すぐに製造部門や関係部署に情報展開して、早期に問題解決を図ります。あとで振り返ってみると、自分の行動があと一歩遅かったら大きな問題に発展していたかもしれないと思うこともあり、生産管理の仕事の重要性を実感し、責任とやりがいを感じて仕事をしています。

印象に残っている仕事やエピソード

私が担当している製品の中国工場の立ち上げが決まり、中国工場の生産管理体制の構築と現地スタッフの指導のため、中国に2年間赴任しました。当時は入社6年目で、生産管理としてようやく一人前になってきたと感じつつあるときでした。日本で仕事をしていたときには、上司や先輩はいましたが、中国工場では、生産管理がわかる人は自分しかおらず、自分1人で生産管理の現地スタッフを一から指導しなくてはならず、非常に苦労しました。生産するのは自動車部品の素材ということもあり、品質・納期は非常に厳しく、お客様からの認定に時間がかかり、順風満帆なスタートとはいきませんでした。その後徐々に品質・価格・納期がお客様から認められて注文量が増え、新規顧客開拓もでき、大成功を収めることができました。個人的にも若いうちに貴重な経験ができてよかったと思っていますし、日立金属は若手に大きなチャンスがある会社だと思います。

今後の目標

今までは自分の担当製品について考えることが多かったのですが、現在は生産管理の係長として担当工場全体のことを考えつつ、係員皆のことに気を配り、チームとして成果が出せるように取り組んでいます。今後は事業戦略・製品戦略に携われるにように、更に広い視野、高い視点で考えることができる力をつけたいと思っています。会社の持続的成長につながるような仕事をして、達成感・充実感を得たいと思っています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

1〜2ヶ月に1度は旅行に行きます。特に京都の街並みや寺や仏像が好きで、京都には毎年行っています。日常生活から離れゆっくりすると、癒され元気になります。最近では、中国赴任時に覚えた中国語を活用したくて、上海・香港・台湾に行きました。

一日のスケジュール

8:25 出社しメールチェック。前日の生産状況を確認し、朝礼で製造部門と情報共有を行う
9:00 製造現場を歩き、現場の状況を自分の目で確認
10:00 課のミーティング。取り組みテーマについて報告し、お互いにアドバイスをし合う
11:00 メールをチェックし返信
12:00 昼休憩
13:00 製造現場と週間計画会議。各ライン・各工程にとって最適な計画になるように検討
14:00 営業との販売計画会議。3ヶ月先の見通しについて確認
15:00 販売計画会議で決まった内容をもとに、材料調達や生産計画の見直しを実施
16:00 メールをチェックし返信
16:45 退社

同じ職種の先輩