本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

水森

公共インフラは日常生活への影響力が大きいため<br />責任の大きさと同時に、快適な社会の一端を担うやりがいがあります

入社動機

大学内での専攻が衛生工学であったことをきっかけとして、水処理業種への就職を考えてことから、この業種のある当社に応募しました。
多くの会社の中でも当社は、民間から公共まで幅広く事業展開しており、業界大手としても広く知られていたことから、より多くの水処理事業の経験ができると考えたことを覚えています。

仕事内容

国内公共事業の下水道施設向け機械設備のシステム設計・提案をしています。
直接的に仕事をさせていただくお客様としては、各自治体の下水道部門を担う公務員の方、下水道関連のコンサルタントの方などとなります。
処理規模や設備が自治体によって大きく異なっている中で、お客様のニーズに適合した沈砂池設備、2次処理水設備、ろ過設備、汚泥設備などに用いられる機器やシステムを設計提案し、売上に寄与することが主な日常業務です。

仕事の面白さ・<br />醍醐味について

私の設計提案した水処理機械システムが、下水を清澄な河川水へ、また河川水を飲料水にする主要な役割を担うことになります。
公共インフラは日常生活への影響力が大きいため、責任の大きさを感じると同時に、快適な社会の一端を担うやりがいある仕事と考えています。
北は北海道から南は九州・沖縄まで、お客様の生の声を聞き、地域特性に合わせた設備を自ら考え、PRできる楽しさもあります。

仕事で苦労する<br />点について

システム設計提案をするためには、地域が抱える特性(海沿い、温泉地帯など)やお客様が課題としていることを把握したうえでなければ適切なシステムを設計できません。
また、ニーズを把握していたとしても、お客様への説明の仕方次第で、採用不採用が決まってしまうケースもあります。
私たちの設計提案するものがお客様に理解され使っていただけるように、自分がお客様の立場なら、なにを知りたいと思うのか、注意しながら仕事をするようにしています。

印象に残っている仕事やエピソード

毎年、年末に高校時代の同期数人と静岡県のとある温泉施設に行くのですが、その通り道に、私が入社2年目のころに設計・計画したとある処理場のろ過設備があり、天気がよければその設備を見ることができます。
この設備が初めて一から最後まで行なった業務であったこともあり、その道の前を通るときには必ず「今日は見えるかな」と、探してしまうくらい印象の強い施設です。

今後の目標

よりスキルアップを図るために、簡単な資格ではないですが、技術士や土木1級などの取得をめざしたいと考えています。
また、これら資格の取得が仕事上でのスキルアップとなるだけでなく、今の自分では得ることのできない多くのチャンスや選択肢を与えてくれるツールになると確信しています。

オフの過ごし方

最近のオフおよびプライベートは、主に引越しのための家探しに時間を割いています。また、休日限定で料理することで、日ごろの疲れをリフレッシュするようにしています。

一日のスケジュール

8:30 出社。まずはメールチェックをし、返信対応。その後、当日行う仕事の洗い出し、優先順位をつけて仕事に取りかかる準備を行う
8:50 朝礼
9:30 外出。社外打合せ
11:30 帰社。デスクワーク(計画資料作成)
12:00 昼食休憩
13:00 デスクワーク(計画資料作成)
16:00 外出。社外打合せ
18:00 帰社。デスクワーク(報告書作成、計画資料作成)
20:00 帰宅

同じ職種の先輩