本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

田中

会社情報を見る

当社の仕事の面白さは、幅広い仕事内容と手厚い福利厚生により<br />キャリアパスを自由に描けるということです

入社動機

3点あります。1点目は、私にとってITは苦手な分野であり、だからこそ挑戦したいと思ったからです。若手の頃は苦手分野に積極的に取り組み視野を広げ、時代と自分に適した分野でスペシャリストになりたいと考え、あえてこの分野への挑戦を決めました。
2点目は、自分と似た人財が少ない当社にこそ、自分がいる意義があるのではないかと考えたからです。イノベーションは同じ考えを持つ集団からは生まれないと考えています。文系出身でIT初心者だからこそ、異なる視点でアイデアが出せたり、イノベーションが生まれるのではないかと考えました。
3点目は、グローバルに注力している当社ならば、英語を生かせる機会があるのではないかと考えたからです。当社はITのプロとして技術力、品質を強みとしています。それを日本、世界のお客様に効果的に伝えることができる、お客様とSEの架け橋となるような人財になりたいと思い、入社しました。

仕事内容

入社以来複数の仕事に携わっているので、今年経験した仕事を2つ紹介します。1つは、所属本部の企画部署にて、本部の課題の可視化と、中期計画を策定するプロジェクトへの参画です。具体的には、本部がどのような課題を抱えているかを明確にするために、若手を対象とした1ヶ月間のセミナーにて自ら講師となり、さまざまなフレームワークや思考法を用いて課題と解決方法を分析し、最終的に部長や本部長へ組織改善提案をしていただくという取り組みを行いました。同様に部長を対象として、営業利益増加をテーマに、さまざまな切り口から施策検討していただく取り組みを行ないました。
今年後半には部署を異動し、現在はOracle製品やIBM製品のアライアンス拡販部署で、パートナー様やお客様の対応を担当しています。以前の企画部署での経験を活かし、本部のWEBサイトを構築し、本部全体の製品・サービス商材の拡販施策にも着手しています。

仕事の面白さ・<br />醍醐味について

当社での仕事の面白さは、幅広い事業領域と手厚い福利厚生により、キャリアパスを自由に描けるということです。また、自分次第で興味のある分野にチャレンジ出来ることです。
私は面談や自己紹介の場など、さまざまな場面で自分のやりたい事を発言したところ、上司や他事業部の先輩方からさまざまなチャンスをいただくことができました。この3年間で、製品保守業務や、拡販業務、Webデザイン、新興国の事業創出ワークショップ(WS)、ベンチャー協業WS、社外塾、CSRやダイバーシティ関連イベントなど、定時内外、業務内外問わず本当にたくさんの経験させていただきました。特に、自分のめざすキャリアに近い仕事を積極的に経験させてくれる上司にはとても感謝しています。当社では自分次第でさまざまな事に挑戦出来るため、とても刺激的で、やりがいがあります。今後も自分が当社で何をしたいのか、どう貢献できるのかを常に考え、初心を忘れず、日々精進していきたいと思っています。

仕事で苦労する<br />点について

私はこれまでに異動も経験しましたし、さまざまな部署と横断的にお仕事をさせていただく機会が多かったので、各部署、各業務で、自分に求められている役割や責任範囲を把握することに苦労しました。例えば、上記に紹介した企画部署での仕事は、新規の施策で、かつ、関係者も多数いたため、本部長や部長、先輩社員に対して、意見を聞いたり、協力をあおぐことが非常に多く、当初自分にできるか不安でした。しかし、上司や先輩方の支え、また本部長からたくさんのアドバイスをいただき、精一杯打ち込んだ結果、参加者や関係者の方に満足していただける企画を実施することができました。仕事は1人でできませんから、さまざまな関係者に動いてもらうこともありますが、関係者との信頼関係に問題があったり、仕事のやり方がわかっていないと、誰もついてきてくれません。しかし、仕事に対して真摯に向き合い、情熱を持って取り組めば、周りの方の信頼や協力は得られるのではないかと感じました。

印象に残っている仕事やエピソード

去年秋にサンフランシスコで行なわれた、Oracle Open World(OOW)に参加したことです。OOWとは、Oracle社がユーザーの経営層やパートナー企業を対象として、Oracleの製品や関連技術情報、一年のITトレンドについて一望に出来る、来場者数6万人規模の大プライベートカンファレンスです。当社は1991年よりOracleビジネスをスタートし、現在はOracle社のアライアンスパートナーとして強固な協業関係を築いております。OOWへはパートナー企業として参加し、業界動向の調査や、いくつかの企業様と情報交換や協業の可能性などを議論しました。滞在期間中は、最新の技術動向や、業界動向に触れることがとても刺激的でしたし、会議の際は私から当社のビジネスについて説明する機会などがあり、仕事で英語を使う機会にも恵まれました。私にとってさまざまな刺激を受けて視野が広がった、とても貴重な経験でした。

今後の目標

直近の目標は、海外短期研修にチャレンジすることです。当社はグローバル人財育成にも力を入れており、入社3年以上で一定のTOEICスコアや条件を満たす人財は、グローバルリソースとして登録され、研修の権利を得られます。
当社の海外短期研修制度は、語学学校通学・ビジネススクール通学だけでなく、宿泊先はホームステイ滞在とし、世界のビジネスパーソンや現地の方など多様な人財との会話・生活、自ら働きかけて行動するリサーチなどのチャレンジングな経験をするプログラムとなっています。私は、マーケティングリサーチに興味があり、またビジネス英語を習得したいと考えているので、それらのカリキュラムが整っているNYの研修にぜひチャレンジしたいと思っています。そして、将来的にはグローバル案件にも挑戦したいと思っています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

まとまった休暇が取れる場合は、趣味の旅行に行くことが多いです。当社は福利厚生が整っているので、計画的に年休を取得することができます。入社してから、セブ島、グアム、釜山、石垣島、北海道など、国内外いろいろな場所に行きました。
土日の休日などは、現在社員寮に住んでいるため、寮の友達と鍋パーティをしたり、近隣寮と合同でBBQやクリスマスパーティを行なったり、大学の友人と食事や劇団四季の舞台を見に行ったりしています。
その他、当社の華道部にも所属しており、定時後や忙しい仕事の合間でも、植物に触れることで、とても良いリフレッシュになっています。最近では、本社1階に展示させてういただいたりと、先生や先輩方のおかげで少しずつ上達してきたと思います。また、華道部の先輩とフラワーアレンジメントにも挑戦したりと、今後も趣味の幅を広げていきたいと思っています。

一日のスケジュール

9:00〜10:00 出社、メールチェック
10:00〜11:00 社内打合せ
11:00〜12:15 業務作業(Web制作など)
12:15〜13:00 お昼(先輩や友人とランチ)
13:00〜15:00 資料作成、事前準備、移動
15 :00〜17:30 アライアンスパートナー様との会議

同じ職種の先輩