本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

吉川

自分の担当製品が多くの企業で信頼され<br />使用いただけていることをとても嬉しく思います

入社動機

海外と関わる事がしたいと考えていたことと、留学中に外国と日本でのインフラ整備レベルの差を感じたことから、日本のインフラ技術をグローバルに発信する仕事がしたいと考えていました。就職活動を通じて、日立が幅広いインフラ事業の分野を持つことを知り、興味を持ちました。また説明会では海外売上比率を50%以上に引き上げるという事業方針を聞き、自分の活躍できるチャンスがあるのではという気持ちが強くなりました。
それまで「日立=家電」のイメージが強かったのですが、就職活動の中でIT(情報・通信)製品、交通、電力といった幅広いインフラ事業を手がけていることを知り、その中でも、金融分野、産業分野、国や自治体のサービスや交通、通信、医療といった身近な分野で今日の私たちの生活を支える情報通信の分野で働きたいと思うようになりました。

仕事内容

海外向けのストレージ製品の販売施策立案・推進を行っています。海外市場向けには販売パートナーを通じた販売を行っており、私は主にパートナーとの製品価格・販売体系の協議・交渉や拡販施策の立案を担当しています。普段はメールや週数回の電話会議を通じてコミュニケーションを取りますが、数ヶ月に1度は日本か米国で直接会っての会議を開催しています。また、パートナーとのやり取りは全て英語で行っています。
事業部内でも各ビジネス推進部、生産部門、開発部門、管理部門や、国際営業部門など各部門との関わりがあり、日々さまざまな人と連携しながら海外でのストレージ売上を拡大をめざしています。

仕事の面白さ・<br />醍醐味について

情報化社会では、データを確実に管理・運用できることが非常に重要ですが、自分の担当製品が多くの企業で信頼され、使用いただけているのはとても嬉しく思います。同時に、部署のミッションである売上拡大に向けて、いかにその製品の良さを市場にアピールし、より多くのお客様に使っていただけるかをパートナーとともに追求しなければと感じます。また、社外のパートナーだけでなく、社内の多くの関連部署とも仕事をしていることで、さまざまな視点からの自社製品に対する意見を知ることができるのはとても面白い点だと感じています。

仕事で苦労する<br />点について

海外と仕事しているため、時差や言語、働き方の違いはありますが、その点は徐々に慣れることが出来ました。今は、言語関係なく、会議の場で自分の意見をいかに相手にわかりやすく伝えるかという点を向上させたく、日々試行錯誤しています。

また施策の立案を行う上では海外の各地域にどのようなニーズがあり、どういった販売施策が有効なのかを把握することに苦労しています。そのため、日々販売データの分析や分析結果を使ったパートナーへの実態ヒアリングを行い、市場の意見をくみ取って施策に反映できるよう励んでいます。

印象に残っている仕事やエピソード

2014年の4月に発表されたエンタープライズストレージの新製品「VSP G1000」の市場リリース業務に関われたことです。部署のメンバーとともに、競合調査や価格案作成・パートナーとの交渉などを進めました。パートナーとの会議では数回に渡ってプレゼンも担当させてもらい、価格・販売体系の提案〜交渉〜合意を体験しました。日立としての考えをきちんと相手に伝えることに苦労しましたが、最終的に合意に至った際には大きな達成感を得ることができました。

今後の目標

ビジネスの場で、自分の意見をしっかりと述べることができる人になりたいです。グローバルな環境で仕事をしていると、自分の意見(=部署としての意見)を明確な理由とともに示せるかどうかで、相手に与える印象や仕事の進み方が変わってくるというのを実感します。自分の意見を確立するためには、単に仕事に関する知識を増やすだけでなく、市場動向や自社の方向性をきちんと理解する必要があると感じています。また仕事や自己啓発を通じて、目標とする人財像に近づけるよう努力していきたいと思っています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

映画鑑賞をしたり、ジムで体を動かしたりして過ごすことが多いです。時々友人を家に招いて、ホームパーティをすることもあります。
旅行が趣味なのでまとまった時間が取れたらふらっと週末に国内旅行へ出かけます。また長期休暇の際には海外にも足をのばし、リフレッシュしています。

一日のスケジュール

8:30 出社。メールチェックをした後、TODOリストを作成
9:00 米国のパートナーとの電話会議(週に2回程度)や、メール返信業務など
11:00 グループミーティング。各自、仕事の進捗状況や今週の予定をシェア
12:00 昼休憩
13:00 デスクワーク。製品の価格検討や販売施策検討のためにデータ分析などを行う
15:00 分析結果をチーム内でレビュー
16:00 レビューを受け、提案資料作成・修正などを行う
20:00 その日の作業の残項目を片付け、翌日のTODOリストを整理して退社

同じ職種の先輩