本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

池田

会社情報を見る

世界中のできるだけ多くのお客様が身近に使っていただける製品づくりがしたいと考えていました

入社動機

就職活動中は、「世界中のできるだけ多くの人に使ってもらえる身近な製品づくりがしたい」と考えておりました。就職活動をするまでは、正直にいうと「日立アプライアンス」という会社は知りませんでしたが、日立グループで働く学生時代の先輩と話す機会があり、日立グループの魅力を知りました。また、日立アプライアンスは「海外拠点が多数ある」「家電という人々にとって身近な製品に携わっている」という点で、海外で働ける可能性があったことから志望しました。

仕事内容

私は冷蔵庫設計部に所属しており、今年度は新年度開発設計グループのメンバーとして新省エネ技術「ハイブリッド除霜システム」の構造・制御設計などに携わりました。「ハイブリッド除霜システム」は除霜時間を短縮することで省エネ性能を向上させる日立独自の技術です。高い信頼性を確保するために品質保証の方々と何度も打合せや試験を積み重ね、なんとか製品化させることができました。また昨年度は、日立グループの教育制度の一つである「海外業務実習制度」を利用し、香港(香港日立有限公司)へ長期実習に行きました。実習では、日頃の設計業務ではなく、海外での宣伝業務やサービス業務などを経験しながら語学力を上達させるために、香港の市場調査やPOPの作成、製品修理のサポートなどを英語で行いました。現在では、海外業務研修の経験を活かし、栃木事業所で生産された冷蔵庫を海外に輸出するための認証業務に携わっています。

仕事の面白さ・醍醐味について

設計の仕事は、開発から製造まで、製品開発工程全てに携わることのできる仕事です。デスクでただ黙々と図面を描いていればよいというものではなく、品質保証、資材調達、生産技術、製造現場など多くの部署と連携をとり、製品をつくり上げていきます。みんなでいいものをつくり上げていくという製品への熱意を感じながら前に進んでいくのは、仕事の醍醐味の一つでもあります。また、その製品が発売され、店頭に展示され、お客様に触れていただけたときも感動ものですね。日本冷蔵庫は海外でも販売されていますが、海外業務実習中に、自分が設計した真空チルドが店頭でプシューっと音を鳴らし、香港のお客様にも見ていただけた時の喜びはひとしおでした。(購入していただけた時は、なおうれしいのですが!)

仕事で苦労する点について

海外業務実習中では、慣れない英語でのコミュニケーションのため、伝えることや理解することに苦労していました。イントネーションの違いであったり、英語の言いまわしなどは各国独特のものがありますが、香港も同様です。そのため、香港の方々には確認のために同じことを何度も聞いたり、話したりすることがあり、時には絵を描いたり、時には実際にものを見せて、説明してみたり、悪戦苦闘の連続でした。「迷惑かけてるなぁ」と感じながらも、その苦労を乗り越え、理解してもらい、仕事が進んだ時はうれしいかったですね。現在の認証業務では、海外業務実習で学んだコミュニケーション能力を基に、海外の関連会社の方々とメールなどでやりとりをして、仕事を進めています。

印象に残っている仕事やエピソード

誰もがそうなのかもしれませんが、入社1年目というのは印象的なことの連続でした。私は配属されてすぐに、「真空チルド」の構造設計に携わりました。学生の頃とは違い、スケジュールの管理が重要になり、また、慣れない3DCADでの作業も思い通りにいきませんでした。精一杯やっていたつもりの私でしたが、実際の現場作業者の方に部品を組み立てもらうと、「硬くて(量産が)できないよ」と言われました。試作の組み立てであれば多少硬くても簡単にこなせることですが、実際の量産では一日何回も繰り返される作業となりほんの少しの固さが作業者の負担となってしまう、という事まで考えていなかったのです。現場の方とはそれから話し合い、専用の組み立て道具を製作し、なんとか量産にこぎつけました。その後、私は何をするにしても現場に足を運び、現場の方に話を聞くことが癖になったエピソードです。

今後の目標

世界中のお客様に愛用していただけるグローバル製品をこれからもつくり続けたいと考えています。2010年に日立製作所は創業100周年を迎え、2014年には香港日立が設立50周年を迎えました。これはお客様に信頼される製品をつくり続けている証でもあり、私の誇りでもあります。入社して5年目ですが、「若手がこれからの日立を支えていくんや!」という熱意を胸に抱きつつ、Hitachiブランドを世界に届けられるように日々邁進していきたいですね。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

週末は同僚とともに、社会人になってからはじめた登山やゴルフなどをしてリフレッシュしております。高所恐怖症の私(笑)ですが、山の頂まで登っときの達成感は格別です。また、フットサルやテニスなどもしていますが、香港では中学、高校と6年間続けたバスケットボールを地元の方々とやっていました。

一日のスケジュール

8:00 出社。メールを確認しながら、業務のスケジュール確認を行う
8:30 グループのミーティング。一週間の経過報告等を行う
9:00 消費電力量試験。セッティングや調整を行うため、恒温室で作業
11:00 デスクワーク。試験結果等を纏める
12:00 お昼休憩。会社の社内食堂で同期と昼食をとる
12:45 デスクワーク。3DCADを使用して図面作製
15:30 消費電力量試験。午前中の結果をフィードバック
17:00 デスクワーク。試験結果等を纏める
19:00 退社

同じ職種の先輩