本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

大島

試行錯誤の上で完成した製品が、世の中で
<br />使われはじめた時は感慨深いものがあります

入社動機

日立は大手家電メーカーというイメージがありましたが、会社説明会でインフラ部門の先輩社員の方と話す機会があった際に、
普段の生活に欠かせない交通システムや、電力システムなどの大部分を日立が支えていることを聞いて、
自分のつくったものが社会に貢献する形で残るという仕事がとても魅力的に感じ、入社を志望しました。

仕事内容

鉄道・電力といった社会インフラ分野において使用されるハードウェアの設計を行っております。
具体的な業務内容としては、製品仕様の検討、回路設計、試作機の評価などになります。
社会インフラ分野は、特に信頼性が要求される分野であり、その要求に応えることができるように日々試行錯誤を繰り返して開発しています。

仕事の面白さ・醍醐味について

自分が設計した製品が、形となった時はやはりうれしさを感じます。
出来上がった試作機を評価する際には、数々の厳しい試験を行うので正常に動作するか不安もありますし、不具合があって動かないということもあります。
チームで協力しながら、不具合をなくしていき、完璧な製品へ仕上げていきます。
そうした試行錯誤の上で、完成した製品が、世の中で使われはじめた時は、やはり感慨深いものがあります。

仕事で苦労する点について

一つの製品を完成させるために、ハードウェア部門、ソフトウェア部門、検査部門、製造部門といった数々の人が関わることになります。
もちろん、最終的なゴールは「よい製品をつくる」ことなのですが、必ずしも、考えが同じとはいきませんのでぶつかることは多々あります。
自分の意見を主張するばかりでは、周りに納得してもらうことが難しくなります。逆に、周りの意見に従うばかりでは、自分の意見がない人だと思われて周りに信頼してもらうことが難しくなります。
何度も話し合い、お互いが納得し協力して製品をつくり上げることが大切であり、一番苦労する点だと感じています。

印象に残っている仕事やエピソード

学生のころに利用していた路線のシステムに、自分が設計した製品が採用されたときが印象に残っています。
普段何気なく利用していた便利なものが、その実現のために多くの人が関わっていることを知り、自分がその一員になったことをうれしく思いました。
身近なものに関わることで、社会インフラという人々の生活を支える仕事をしている誇りを特に感じることができました。

今後の目標

まずは知識や経験を積んでいき、信頼されるエンジニアになっていきたいと思います。
将来的に、新しい製品開発や海外のインフラ事業などに携わっていくことができるように頑張ります。

オフの過ごし方

食べることが好きなので、休日は、テレビや雑誌などで見つけたおいしそうなお店に行くことが多いです。
茨城にはたくさん、おいしいものがありますし、東京までも比較的簡単に行くことができるため、いろいろなお店に行くことができます。
たまにおいしいものを食べることはストレス解消にもなりますし、仕事を頑張るモチベーションにもつながっています。

一日のスケジュール

8:30 出社。メールチェックをして、1日のスケジュールを確認する
9:00 他部署を交えて、問題点の共有や本日の作業目標などを打合せする
10:00 デスクワーク。設計書や回路図といったドキュメント作成
12:00 昼休憩
13:00 プロジェクト関係者と設計ドキュメント内容についてレビューを行う
14:00 グループ内ミーティング。連絡事項の確認や勉強会などを行う
15:00 デスクワーク。打合せ内容をドキュメントに反映させる
17:10 退社

同じ職種の先輩