本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

有馬

いい製品開発には、幅広い分野の知識と深い専門知識が不可欠
<br />常に知識を吸収することを意識しています

入社動機

学生時代は日立を家電メーカーとしては知っていましたが、就職活動を通じ、より深く知ることができました。
学生時代のアルバイトで日立の家電を販売・メンテナンスをする経験があり、その中で日立の製品は故障しにくく、高品質・高信頼である印象を受けていました。また就職活動では、将来は「責任と達成感」を強く感じる仕事をしたいと考えていました。
インフラシステムは一般的に、なくてはならないもの、あって当たり前のものと認識されており、ひとたび事故が起きると社会的影響は甚大です。そんなインフラシステムを高い品質の製品で支えていることに魅力を感じ、日立に就職を希望しました。

仕事内容

発電所やプラント、水処理施設などで使われる制御装置の基板開発(ハードウェア開発)を行っています。
日々の業務では、製品仕様設計から基板詳細設計、試作機の評価に至るまで一連の開発を行います。また、ソフト設計部隊、システム設計部隊、品質保証部、製造現場、調達、部品メーカーなどと打合せやレビューを実施し、密なコミュニケーションを取る事で高い品質と信頼性を確保できるよう努めています。

仕事の面白さ・醍醐味について

自分の設計した製品が正しく動作した時はうれしいです。
自分の考えたものが形(製品)になっていく過程は大変なことも多いですが、その分、出来上がった製品が動いた時は達成感があります。また、複数の部門の方々と会話することで知識の幅が広がり、その知識を使って新しい製品を考えるのも開発の面白さの一つです。

仕事で苦労する点について

自分の設計思想をドキュメントに残し、それを第三者に伝えることが難しいと考えています。ドキュメントは誰が見ても誤解されない様、十分注意して作成する必要がありますが、読み手の理解度は個人差があります。そこで、図や表などを使い、読み手の立場で作成することを心がけています。また説明する場面においても、同じドキュメントを使っていても、説明の仕方次第で相手に誤解を与える可能性もあるため、特に打合せやレビューで複数の聞き手がいる場面では、話の構成などに気をつけて話せるようにしています。

印象に残っている仕事やエピソード

印象に残っている仕事の一つに2カ月間の海外業務経験があります。
インドに単身で2カ月間出張し、現地ODMメーカーへの技術支援を行いました。一人での出張ということもあり、普段以上に「日立の代表」という自覚を持つことができました。また、出張中は英語を使ったコミュニケーションに加え、体調面の管理にも十分注意する必要がありました。コミュニケーションがうまくいかず、もどかしく感じる時もありましたが、2カ月間の業務を無事遂行することができました。

今後の目標

まずは、今以上に知識の幅と深さを広げることです。
よい製品を開発するためには、幅広い分野の知識と深い専門知識が不可欠です。そこで、常に知識を吸収することを意識し、将来は自ら製品を企画・立案できる力を身につけていきます。

オフの過ごし方

家族と出かけたり、家庭菜園や花壇の手入れをしたりして過ごしています。
また、会社のテニス部に所属しており、練習や試合に参加しています。

一日のスケジュール

8:30 出社。メールチェック、その日の作業内容の確認、その日の上司・同僚のスケジュール把握を行う
9:00 課のミーティング。部長会議、課長(主任技師)会議の情報を共有する
10:00 設計ドキュメントのレビュー。品質保証部、システム設計部隊を交えて設計ドキュメントのレビューを実施する
12:00 昼休憩
13:00 議事録作成。午前中に実施したレビューの議事録を作成し、出席者へ配布する
14:00 デスクワーク。指摘事項の調査および設計ドキュメントへの反映を行う
16:00 商談。開発する製品に使用する部品について、部品メーカーとの打合せを実施する
17:00 退社

同じ職種の先輩