本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

鈴木

状況に合わせて判断できる裁量を増やしていき、
<br />お客様から信頼いただけるエンジニアになりたい

入社動機

学生時代からエネルギー問題に興味があり、仕事としても「持続可能な社会の実現」につながる仕事を選びたいと考えていました。その中で、私が所属している部を選択した理由は二つあります。一つ目はお客様のエネルギー消費設備に対して省エネルギー化を自分で提案、実施でき、お客様の反応を近くで感じられる所や、自分の提案が反映されていくのを直接的に感じられることです。二つ目は機器メーカーならではの、電力やガスに縛られることなく、総合的な観点で省エネルギー化を提案できることです。特に日立製作所では取り扱っている製品の幅やノウハウが幅広く、多角的な視点で提案することが可能であると感じたからです。

仕事内容

お客様のエネルギー消費設備(空調、生産設備、発電機など)に対して、省エネルギー化を実施することです。仕事の役務範囲はお客様の設備利用状況の確認(現地調査)からシステムの全体設計、提案業務、そして工事の施工管理に至るまで、幅広い業務をこなします。また、お客様の業種も商業施設から工場、病院などと多種多様で対象機器、設備も広範囲となっています。普段の業務は、工事会社や機器メーカーの協力を得て、お客様とシステムの提案内容について合意形成を重ねていき、提案をまとめながら実現していきます。そのため、システムの提案も当然ですが、お客様や工事会社、機器メーカーとの第一線で調整を図り、具現化していくことも大事な仕事となっています。

仕事の面白さ・醍醐味について

さまざまな立場の人と関わり、一緒に仕事ができることです。対象となるお客様は多種多様ですし、一案件にさまざまな方(工事会社、機器メーカー、リース会社、顧客(施設管理・環境対策)など)が携わるので非常に多くの考え方を学ぶことができます。また、自分が最初に提案したシステムが工事完成まで最初から最後まで一貫して見届けることができるので、一案件にかける期間が長く、案件の中で関わった人とのつながりは非常に強くなります。事業によっては省エネ提案システム導入後、省エネ量を計測し、実証する場合もあります。提案した計画によりお客様に与えたメリットを具体化することで、お客様と一緒に達成感を味わうこともでき、人対人のつながりを多くの場面で感じることができる仕事になります。

仕事で苦労する点について

自分で対応できる仕事の範囲が非常に限られており、協力会社の力がないと対応できない部分です。私たちの部では計画の立案と実施に向けての取りまとめが主な仕事ととなります。実際の工事や機器の詳細設計はメーカーに依頼する部分になるので、最初の方針決定からの動きが非常に重要であり、スケジュール管理が非常に重要です。スケジュール通りに遂行させるためにも、協力会社への指示は明確に分かりやすいようにしなければならず、求めていた内容と異なる回答が提出されることを未然に防がなければいけないですし、自分自身でフォローできる範囲は限られているので、先の事態を想定して先手で動かなければなりません。

印象に残っている仕事やエピソード

初めてお客様に受注をいただいたときです。私たちの提案はお客様から見て直接的な生産設備への投資ではなく、ユーティリティー設備への投資であるため、提案から投資決定までの期間が長いケースが多くあります。初めて受注いただいたケースも最初に顧客訪問をしてから現地調査、システム検討を実施し、試算の前提条件・工事工程の刷り合わせを経て、半年近くの提案活動となりました。私の仕事としてはサポートに回る場面も多くありましたが、業務で割いた時間も多かった分、お客様から信頼して選んでいただいたことは非常にうれしくありました。私たちの仕事は受注で終わりではなく、工事管理、立ち上げまで続くため気が抜けない状態は続きますが、改めて頑張っていこうと思いました。

今後の目標

提案活動から工事完了まで一人でこなし、顧客から信頼されるエンジニアになることです。私はまだ入社2年目で、この2年間を通じて一つの案件の提案活動から工事完了まで、一連の流れを通した経験を積むことができました。現状ではまだ先輩からのアドバイスをいただく機会が多く、独り立ちできていない状況です。今後は案件を通じて、状況に合わせて自分の判断できる裁量を増やしていき、お客様から信頼いただけるエンジニアになりたいです。そのためには、まだまだ多くの設備について知識をつけなければならず、実機運用方法についても把握しなければなりません。お客様の現場で設備を運用される方と仕事をさせていただくことも多くあり、システム上流だけでなく、現場を踏まえた判断を下せるようにしていきたいです。

オフの過ごし方

身体を動かすことが好きなので、友人が企画しているフットサルやバスケットボールに参加しています。大体月に1〜2回程度参加させていただいています。休日は社外の方や普段の業務とは全く関係ない分野の方と触れ合う機会なので、新鮮な話も聞けて非常に有意義です。そういったプライベートの場で、提案先や協力先の企業の方、日立製作所社員とも偶然会うこともあり、非常に驚く場面もありました。周りの先輩方はオンオフを上手に切り替えている方が多いので、メリハリをしっかりさせて月曜日に臨んでいます。

一日のスケジュール

8:30 出社・メールチェック
9:00 省エネルギー提案内容のメリット試算
12:00 昼休み
13:00 試算結果を基にして先輩と提案内容の方針を打合せ
14:00 打合せ結果から、提案内容の修正と顧客提出資料の作成
17:00 顧客提出資料の概要が整ったら、顧客担当の営業に資料内容について確認のメール
18:00 その他案件の進捗状況の確認、対応
19:00 退社

同じ職種の先輩