本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

鈴木

国際会議など世界の舞台で技術を発信し、<br />世界一流の技術者や研究者と肩を並べることが当面の目標です

入社動機

幼いころから、時代の流れが変わるような新たな価値を創造することが夢でした。合同企業説明会で知った日立製作所のスローガン「Inspire the Next:次なる時代に息吹を与える」に共感し、就職先として興味を持ちました。日立グループ独自の会社説明会で様々な現場の方と会話したころ、誰もがひたむきな情熱を持って仕事をしていることに魅かれて、入社を決意しました。配属先は大学時代の専門と全く異なる分野でしたが、ていねいに指導してくれる先輩方に恵まれたため、不安はあまりありませんでした。

仕事内容

人と地球にやさしい鉄道を実現するための研究開発を担当しています。現在の主な課題は省エネです。鉄道システムを設計する技術者がエネルギーの視点から装置構成や制御を評価できるよう、鉄道の運行とエネルギー消費を再現できるシミュレータを開発しています。また、シミュレータを駆使して新しい装置や制御について検討し、関連部署と協力しながら次世代製品の開発にも取り組んでいます。

仕事の面白さ・醍醐味について

鉄道は、車両・運行管理・信号・電力といった複数のサブシステムから構成されています。各サブシステムは連携・協調しながら動作する為、複雑な挙動を示し現象を理解することが容易ではありません。謎解きのように原因と結果の関係をひも解き、皆が頭を悩ませている課題の解決につながる新たな視点を提示できた時には、大きな達成感を感じます。

仕事で苦労する点について

鉄道は、機械・電気・情報・制御など幅広い分野の技術が結集しています。苦手な技術分野に関する課題に取り組まなければならない場面も多々あります。そういう時は、状況を理解するだけでも一苦労です。そういう時には、技術発展の歴史を学び、技術開発に取り組んだ先人の苦労を想像すると、不思議と理解が進むような気がします。

印象に残っている仕事やエピソード

開発したシミュレータを国際的な鉄道見本市に出展し、説明員として参加しました。世界中から10万人以上の鉄道関係者が集う場で、自分の技術を紹介できることに誇りを感じました。一方、日立を代表する技術者として英語で話すはじめての機会だったため、漠然とした不安がありました。不安材料をなるべくなくそうと英語を猛特訓したものの、緊張で足に腫れ物までできるあり様でしたが、展示会では様々な国の専門家に興味を持っていただくことができ、自信につながりました。

今後の目標

国際会議など世界の舞台で技術を発信し、世界一流の技術者や研究者と肩を並べることが当面の目標です。また、鉄道は軌道・駅などの整備や車両の製作など大きな投資が伴う為、新興国や地方都市などでは敷設が難しいのが現状です。鉄道のコストを抜本的に改善する技術を開発し、世界中の人が毎日の移動に手軽に利用できる鉄道を提供していきたいです。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

チェロ奏者としてアマチュアオーケストラに所属しており、休日は合奏に参加しています。様々な個性を持つ100人以上の奏者の心と音が一つになった時、深い感動と充実感を味わうことができます。平日は、音楽鑑賞や読書をして過ごすことが多いです。

一日のスケジュール

8:50 出社。予定の確認
9:00 シミュレータの機能拡張や装置・制御方式の改善について検討
11:00 ユニットミーティング、新技術に関する情報共有やブレインストーミングによるアイディア出し
12:00 昼休憩
13:00 定例報告会、関連部署に研究の進捗状況を報告
14:00 シミュレーションの実行、拡張機能の動作確認や新制御方式の評価
17:00 報告資料作成、午前中の検討内容および午後のシミュレーション結果をまとめる
17:20 退社

同じ職種の先輩