本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

幡野

就職活動中、選考が進む中でお会いした社員の方々が、<br />非常に嬉しそうに研究内容をお話していたのが印象的でした

入社動機

環境浄化に関する技術開発に携わりたいと考え、日立製作所を志望しました。
日立製作所は電機メーカーという印象が強かったのですが、社員の方とお話して材料から運用まで総合的に環境浄化技術を開発していることを知り、広い範囲の技術に関わることができる点に魅力を感じました。

選考が進む中で実際にお会いした社員の方々が、非常に嬉しそうに研究内容をお話していたのが印象的で、この会社で一緒に働きたいと思いました。

仕事内容

吸着を利用して液体中から特定元素を分離・回収する研究を行なっています。使用済み製品からの希少金属の回収技術や、原子力発電所の廃棄物処理技術の検討に携わってきました。
実験によるメカニズムの解明と、それを基にした新規技術の提案を通じて製品に関わっています。

自分の結果と考察を基に他部署の方と直接議論を進めるため、責任を感じると共に、大きなやりがいを感じています。

仕事の面白さ・醍醐味について

課題解決に向けて、上司や他部署の方と連携して取り組んでいくことにやりがいを感じます。

自分の仮説が実験で立証できたときは、思わずガッツポーズしたくなる位嬉しくなりますが、仮説と異なる結果が得られた時に、原因を見つけるための新たな実験を考えることも面白いです。

仕事で苦労する点について

入社して驚いたのは、想像以上のスピード感が要求されることです。
最初に携わった研究では、スピード感についていけずに苦労しました。優先順位を明確化して、効率良く仕事を進められるように心がけています。

印象に残っている仕事やエピソード

印象に残っているのは、入社以来初めて学会発表をしたときです。学生時代にも学会発表は経験しましたが、会社名を名乗って発表するということで非常に緊張しました。上司や先輩に遅くまで議論や発表練習に付き合っていただき、とても心強かったことが印象に残っています。

今後の目標

強い基盤技術を持つ、グローバルに活躍できる研究者をめざしていきたいです。日々の仕事を通じて知識を蓄えるとともに、関連技術の最新情報を積極的に入手するよう心がけています。
選考中にお会いした社員の方々のように、自分の仕事の喜びを人に伝えることのできる研究者となりたいと思っています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

職場からゲレンデが比較的近いこともあり、社会人になってからスノーボードを始めました。冬場の土日は同期や学生時代の友達と滑りに行っています。
平日時間がある時は、お菓子や少し凝った料理をつくるのが楽しみです。

一日のスケジュール

9:00 出社後、チームミーティングを行なう。本日の予定を相互に確認する
10:00 実験計画を確認し、優先順位を再確認する。実験に取りかかる
12:00 お昼休憩
12:45 実験の続きを行なう。合間にメールチェック・返信を行なう
15:00 実験結果の考察および文書の作成を行なう
17:00 翌日の実験計画を立てる
19:00 退社する

同じ職種の先輩