本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

藤原

運行管理システムによって列車が時刻表どおりに走行していることを、<br />日々身をもって体感できる点も魅力のひとつです

入社動機

社会に対する貢献度の高いインフラに関連するシステムに興味がありました。その中でも鉄道分野は特に暮らしに密着しており、社会貢献を実感しやすい鉄道分野を志望しました。説明会に参加した際に得た情報から日立は鉄道分野全体に非常に強いということを知り日立に関心を持ちました。
就職活動の中で先輩社員の方から、日立では設計の部署でも受注活動、SE業務、設計、コーディングなど非常に幅広い業務に取り組むことができるという話も伺いました。日立に就職すれば、さまざまな業務を通して、多くの人とコミュニケーションを取ることで、視野が広がり自身の成長にもつながると感じました。
また、私は海外旅行が好きだったので学生時代に多くの国に行きました。さまざまな文化に触れる中で、海外ビジネスにも挑戦したいという思いがありました。私が就職活動をしていた時期はちょうど日立がグローバルビジネスに注力し始めたタイミングでもあり、日立ならやりたいことが出来ると思い入社を決めました。

仕事内容

海外鉄道事業者向けの列車運行管理システムに関する幅広い業務に取り組んでいます。
システムの設計・開発を行う際には、要件定義、仕様書の作成、開発、試験だけでなく、海外のグループ会社や協力会社との仕様調整なども行っております。また、列車運行管理システムの提案活動も行っており、提案書の作成やお客様へのプレゼンの実施や、海外での展示会への出展などに取り組んできました。
業務を進める上で、私が最も大切にしていることは、"お客様視点でものごとを考える"ということです。列車運行管理システムはお客様ごとに要望が大きく異なります。お客様のニーズやトレンドをしっかり調査し把握した上で、お客様にとって最適な提案、システム開発を行うように心がけています。

仕事の面白さ・醍醐味について

業務内容が多岐に渡っているため、常に新しいことへのチャレンジの連続です。日々新鮮な気持ちで業務に取り組むことができ、専門知識や技術を多く身につけられます。若手の段階から非常に責任の重い業務を担当することも多く、困難に直面することもありますが、受注できたときやシステムが完成したときには大きな達成感があり、非常にやりがいのある仕事です。
お客様とのコミュニケーションを通して、日立の技術力を高く評価していただけていることが分かったときには、とてもうれしい気持ちになります。
また、日常生活においても、日立の列車運行管理システムによって列車が時刻表どおりに走行していることを、日々身をもって体感することができるという点も魅力の1つだと思っています。

仕事で苦労する点について

日本と海外のあらゆる面での違いに苦労することが多いです。海外の方と仕事を進める際には、当たり前と思っていることも一つひとつていねいに確認しながら取り組むように心がけています。相手の考え方を理解するために、現地の文化や習慣なども日々勉強しています。鉄道に関しても国によって列車の遅れに対する考え方や、遵守しなければならない規格などさまざまな違いがあるので、新しく列車運行管理システムの提案を行う際には、現地の鉄道事情を可能な限り詳細に調査し、最適な提案が行えるように努力しています。

印象に残っている仕事やエピソード

入社1年目の終わりに、海外に出張しお客様の前で列車運行管理システムのデモおよびプレゼンを実施したことです。列車運行管理システムの受注に向けた入札のうちの一部という非常に重要な位置づけのものである上に、初めてのお客様対応、海外出張ということもあり、非常に緊張したことを覚えています。入社したばかりで分からないことばかりでしたが、上司や先輩に助けてもらいながら、デモシステムや資料の準備、プレゼンの練習などに必死で取り組み、お客様からも大変良い評価がいただけました。受注できたことが分かったときは非常にうれしかったです。このとき死にもの狂いで頑張り多くのことを吸収できたことが、今の業務に活かせていると感じています。また、右も左も分からない私にこのような大役を与えてくださった上司や先輩にも感謝しています。

今後の目標

日立の列車運行管理システムを海外の多くの国に納入し、列車が時刻通りに走行するという日本の常識を世界に広めていきたいと思っています。そのために、まずは自身がより多くの専門知識、技術力を身につけ、提案活動や設計・開発に活かしていきたいです。同時に、海外でよりスムーズにコミュケーションが取れるように、語学学習も継続して行っていくつもりです。また、運行管理システムは大規模なシステムなので、将来プロジェクト全体をまとめられるようになるために、今のうちから広い視点を持ち全体最適化を意識して業務を進められるように、日々業務に取り組みたいと思っています。

オフの過ごし方

週末は国内のさまざまなところに旅行に行くことが多いです。社会人になってからも、年に1度は長期休暇を利用して海外旅行に行っています。また、もうすぐ子供が産まれるので、最近はベビー用品の買い物に行くことも多いです。

一日のスケジュール

8:20 出社。メールチェック・スケジュールのチェックを行い、当日行う業務を整理し準備する
8:40 始業。グループで朝礼を行い、メンバー間で情報共有を行う
9:00 デスクワーク(設計・開発業務)。担当システムの仕様検討、仕様書の作成
12:00 昼食
13:00 打合せ。仕様書のレビューを実施
14:00 デスクワーク。直前のレビュー結果を仕様書に反映
15:00 デスクワーク(提案活動)。提案用の資料、プレゼンを作成
18:00 海外グループ会社と定例テレビ会議。お互いの進捗状況など情報を共有。時差のため夕方に実施
20:00 デスクワーク。テレビ会議の結果を整理
21:00 退社

同じ職種の先輩