本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

藤井

「自分たちのつくったモノで、世の中をより良くしたい」という<br />先輩社員の想いに強く共感しました

入社動機

自然エネルギー分野に関心があり各社説明会に参加していた時期に、日立のリクルータと会話する機会がありました。
そのときに知った社内の雰囲気や業務に対する考え方、何より対応してくださったリクルータの印象が自分に合っていると感じ日立を志望しました。
「自分たちのつくったモノで、世の中をより良くしたい」という想いに共感したことを覚えています。

仕事内容

風力発電で使用する電力変換器の設計・開発に従事しています。
世界的に自然エネルギーの需要が高まっていますが、風力はその中でも重要な発電手段の一つです。
しかし風力で発電した電力は不安定であるため、そのまま消費地へ送電することはできません。そこで電力変換器を使用し、家庭や工場で使用できる電圧や周波数に変換します。
風車は陸上・洋上など設置される環境がさまざまであるため、電力変換器はタフでなければなりません。また、送電する電力系統に異常を起こさないために精密な運転が必要となります。
このように安全・安定した電力を提供する電力インフラにとって、電力変換器は重要な製品となります。
風車を建設する国や地域によって必要とされる電力の性質や運転環境は異なります。お客様が満足できる性能を満たすために、日々より良いモノづくりを心がけて設計を行っています。

仕事の面白さ・醍醐味について

自分で設計書を作成した機能が、大きな装置で実際に動作する姿を目にするのは非常に面白いです。
大きな変換器が初めて運転を始めたときや、お客様の要望された機能がお客様の目の前で正しく動作したときの達成感と安堵感は良いものです。
もちろんそれまでには多くの困難がありますが、その苦労を乗り越えて得られるものは大きいと思います。

仕事で苦労する点について

新製品の開発では思いもよらぬ問題が発生することが多々あります。
特に製品の納期が近づいているときに、想定外のトラブルが発生するときは非常に大変です。
早急な原因解明、対策の確認試験などやることは多いですが、時間は無いためかなり追い込まれます。
それでも良い製品を納めるために各部署が一丸となって動くことで、何とか目標を達成しています。

印象に残っている仕事やエピソード

ある製品試験のとき、他工場や他企業のメンバーと一緒に試験を進めていました。
各々の部品が開発品のためにさまざまなトラブルが発生しましたが、そのたびに互いが協力し合って問題を解決していきました。
非常に大人数のチームでしたが担当製品の垣根を越えて協力し合い、新しいシステムを構築する経験は非常に勉強になりました。
最後の試験が終了し、全体でミーティングを行ったときの晴れやかな雰囲気が印象的でした。

今後の目標

入社以来、業務を通じて日々新しいことを学んでいますが、知れば知るほど広く深い設計スキルを必要とする製品であると感じます。
製品への理解をより深めるためには、机上の設計だけでなく現場に出て実物を見ながらスキルを磨いていかなければなりません。
最前線に立つ先輩方のように、早く一人前の設計者になるため経験を積みたいと思います。

オフの過ごし方

茨城は自然が多いため、夏はドライブやサイクリング、冬はスノーボードを楽しみます。
出かけるには自動車が必須ですが、海も山も近いため自然を満喫できます。
大きなショッピングモールが多いため、ふらっと遊びに行くことも多いです。

一日のスケジュール

8:00 出社。メールをチェックし、スケジュールの確認と仕事の優先順位をつける
8:40 始業。朝のミーティングで各案件の問題点や予定を共有する
9:00 前日までの試験データの解析や、設計書類・打ち合わせ資料の作成
11:00 他部署やお客様との打ち合わせ
12:00 昼休憩
13:00 現場での試験対応。データ検証
15:00 試験結果から対策案を整理し、実施する
18:00 退社

同じ職種の先輩