本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

谷口

社会的に注目の高い蓄電池分野のプロジェクトで設計・開発に携われることが大きなやりがいです

入社動機

就職活動として日立のことを調査し始める前に、リクルータの先輩が大学を訪問されたときに日立や現在所属している部署のことを紹介していただいたことがきっかけです。
広く社会を支えるパワーエレクトロニクス応用製品の設計・開発に携わることができると思い、入社を希望しました。

仕事内容

太陽光発電に用いられるPCS(パワーコンディショナ)や蓄電池システムに用いられるPCSの設計・開発を担当しています。PCSは、太陽電池や蓄電池の直流電力を交流電力に変換して発電や充放電を行うインバータなどで構成される電力変換装置です。PCSの電気回路やインバータを制御するためのソフトウェアの仕様設計を行うことが主な業務です。

仕事の面白さ・醍醐味について

蓄電池システムの中でもPCSは、主機として重要な役割のある機器です。特に蓄電池システムは、近年、社会的にも注目が高まってきている分野であるため、大きなプロジェクトが多くあります。自分がこれらの設計・開発に携わることで、やりがいをより高く持って取り組むことができています。

仕事で苦労する点について

蓄電池システムは、お客様が希望されている目的や用途によって必要な機能などが大きく異なります。このため、最適な対応策を検討し実現するために、お客様や社内関係部門など多くの関係者と調整しながら進めていくことに苦労することもあります。

印象に残っている仕事やエピソード

入社当初から担当した太陽光発電用のPCSの開発・実証研究プロジェクトです。大規模な太陽光発電システムが、電力系統に大量連系した場合に想定される課題を解決するための系統安定化技術を開発し、PCSに搭載して、実際の大規模太陽光発電所で実証するプロジェクトでした。共同で実証研究を行うお客様との打合せでの機能検討からプロジェクトに参加させてもらうことができました。さらに、開発した機能の検証のため、社内でPCSと電力系統まで模擬したミニモデルでの機能検証試験を行った後、実機を製作した後は約1年半の実証試験で、何度も現地へ行って試験を行うなど、入社間も無い段階で、プロジェクトの初めから最後までの業務に携わることができ、その後の仕事を行うえでも非常に良い経験となりました。

今後の目標

自らの考えをもち、実現できるエンジニアとして成長していきたいと考えています。

オフの過ごし方

休日は、映画のDVDを見たり、たまにゴルフなどをして気分転換しています。また、よく仲間で飲みに行ったりもします。

一日のスケジュール

9:00 毎朝グループミーティングを行い、各自の担当業務の進捗状況などを共有
10:00 メールをチェックして回答対応。時間があれば資料などの作成
12:00 昼休み
13:00 他部署との打合せに出席
15:00 打合せの宿題対応や、資料や設計書などを作成
17:30 退勤

同じ職種の先輩