本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

粕谷

鉄鋼は自動車や都市開発など、インフラの主役となる重要な素材<br />より良い製品づくりに貢献できるシステムを提案していきたいです

入社動機

大学で小型ロボットを制御する理論を研究していた事もあり、制御という領域で社会に携わりたいと考えていました。
また、身近な人に見える形の大きなモノづくりをしたいと考えており、インフラ事業という分野を選択しました。
就職活動中は、他にも同じ事業領域を持つ企業の会社説明会に参加しましたが、決め手となったのは、やはり当社の幅広い事業領域です。
これだけ広い領域のプロフェッショナルが会社にいるならば、出来ない事なんて無いのでは、と考えました。

また選考の過程でお会いした出身大学OB(リクルータ)の方はとても親身に自身の就職活動の相談にくださり、会社に入社してからの生活についていろいろ教えていただきました。
良い思い出であり、入社の決め手でもあります。
今では自身がリクルータとして活動しており、後輩へのサポートという形で恩返しをしています。

仕事内容

鉄鋼をつくるシステムの設計担当として、鉄鋼メーカーのお客様へ納品するシステムの設計や、ソフトウェアの開発を行っています。
鉄鋼というと少し地味なように思われる方もいるかも知れませんが、鉄鋼は自動車や都市開発など、インフラの主役となる重要な素材です。
そのため、素材である鉄鋼の高性能・高品質化は、産業の発展に欠かせないものになっています。

日々の設計業務では、まずお客様がどのような製品をつくりたいか理解するところからはじめ、次にどうすればシステムとしてそれを実現できるかを考えながら仕事をしています。
こうして身に着けた知識に基づき、お客様へより高性能・高品質な製品作りのシステム提案が出来るようになりたいと考えています。

仕事の面白さ・醍醐味について

「鉄は熱いうちに打て!」ということわざがあるように、鉄をつくる装置はいろいろな意味でとても熱いです。
1000℃以上の熱でドロドロに溶けた鉄を、一旦巨大なかまぼこのような形状にし、それを硬いローラー数台で一気に押し潰して薄くし、最後は水をかけて一気に冷却します。
音を立ててつき進む赤い鉄の固まりはとても迫力があり、まさにその熱がこちらに伝わってくるような感じです(実際、遠くにいても熱が伝わってきます)。
このようなシステムは、当社を含めたメーカー側とお客様が一体となってつくり上げた結晶であり、その設計担当としてシステムの一旦を担えた事に対して誇りを感じます。
また、システムの稼動によってお客様が喜んでいただいている姿を見ると、達成感とともに嬉しさを感じます。

仕事で苦労する点について

やはり、競合他社との差別化です。
当社のシステムは国内だけでなく、中国や東南アジアなど海外のお客様へシステムを納入することも珍しくありません。
そのため、海外あるいは現地の競合メーカーを相手にしても、当社(日本)を選択していただけるようにしなければならず、それを実現するシステムを開発・提案してゆくことは簡単な事ではありません。
また同様に、言語の違いもあります。
海外の仕事では、英語を使ってコミュニケーションをとる場合が多いですが、お互い第一言語が英語ではない場合などは、誤った意味で伝わってしまうことがあります。
そのため、なにか相手にお願い事をする、またはお願いされた際には、必ず相手に確認をするように心がけています。

印象に残っている仕事やエピソード

仕事で失敗した時の思い出ですね。
私が入社2〜3年目の時に担当したプロジェクトですが、あるシステムにおいて一部のソフトウェアの設計と開発を担当しました。
お客様と打合せを実施し、設計書を書き、ソフトウェアを開発、お客様の工場へシステムとして納品しました。
お客様の工場も通常どおり業務をしていますので、システム切替は業務が無い夜中に実施することになったのですが、いざ夜になりシステム切替を実施したところ、上手くシステムが稼動しませんでした。
原因は私のつくったソフトウェアで、お客様への仕様確認が足らず、ソフトウェアが要件を満たしていなかった事でした。
その後、深夜に及ぶまで上司、お客様と一緒にソフトウェアを見直し、無事に朝の業務開始までにシステムを稼動させたのですが、周囲やお客様にご迷惑をかけてしまったことは今でも忘れられません。
と同時に、仕事に対する責任の重さを感じたのもこの時です。

今後の目標

少し職位も上がり、以前より大きな仕事を担当させていただくようになりましたが、まだまだ若手の身であり、周囲の方やお客様からご指導ことの方が多い毎日です。
日々の設計業務を通してお客様の業務内容を理解し、それを知識や経験として積み重ねることで、将来はお客様の業務課題を改善できるようなシステムを提案できるようなエンジニアになりたいと考えています。
また、自身に続く後輩のためにも、先輩として後輩を指導できる能力も備えてゆきたいです。

オフの過ごし方

同期で設立したフットサルチームに所属、活動しています。
毎年春には新入社員を中心にメンバー勧誘を実施しているので、結構幅広い年齢層からなるチームです。
会社生活だけでは中々つながりが出来ない部署の人とも仲良くなれるので、とても良いきっかけづくりになっています。
また、暖かい時期はゴルフやサイクリング、寒い時期はスキーやスノーボードなど、仲の良い友人と一緒に茨城の魅力を存分に味わっています。

一日のスケジュール

8:30 出社。まずはメールチェックと1日のスケジュール確認を実施する
9:00 お客様や各担当からの質問、依頼について順次対応する
10:00 グループミーティング。事務連絡やプロジェクトの進捗状況などを、メンバー間で共有する
10:00 デスクワーク。主に担当プロジェクトの設計業務に従事
12:00 昼休憩。社員食堂で同期やメンバーなどと昼食を取る
13:00 社内打合せ。重要な設計事項などを審議対象とし、関係者で設計内容を協議する
14:00 デスクワーク。設計業務だけでなく、ソフトウェアのコーディング/テストなども実施します
18:00 退社

同じ職種の先輩