本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

綿引

運行管理システムに従事している技術者として<br />より信頼性の高い運行管理システムを開発していきたいです

入社動機

就職活動時、社会基盤を構築する仕事や技術力を身につけお客様に貢献できる仕事をしたいと考えていました。そんな中、大学で開催された日立の説明会に参加し、日立は社会インフラ事業に力を入れていること、また、さまざまな活躍フィールドがあることを知りました。中でも運行管理システムは、日本でのシェアが高く社会への貢献度が大きいということや海外展開にも力を入れているいうことを知り、この中で技術力を身につけ社会に貢献したいと思い入社を希望いたしました。

仕事内容

新幹線運行管理システムのソフトウェア設計・開発に従事しています。運行管理システムとは、列車の運行状況をリアルタイムに把握し、ダイヤに従って駅の信号機や転てつ器、案内装置などを自動制御するシステムです。現在私は、雨・風・雪・地震などの災害時に列車の速度を制御する機能を担当しており、お客様との仕様検討、システムの設計・製造、システムテスト、アフターサービスまでを一貫して行っています。

仕事の面白さ・醍醐味について

巨大な社会インフラを支えているということや自身の成長を感じたときなど、やりがいを感じる瞬間は多々ありますが、一番は、自ら設計・開発した製品が無事に稼動した時です。仕様検討から現地リリースまで3年以上を要するプロジェクトもあるため、各フェーズをクリアし、製品が完成した瞬間には、大きな達成感が得られます。

仕事で苦労する点について

業務に必要な専門知識が多く、業務の幅も広いということです。1、2年目はものづくり中心の業務でしたが、運行管理システムについても、ものづくりの進め方についても分からないことが多く、先輩方からいろいろな事を教えていただき知識を吸収しながら業務を遂行する毎日でした。3年目になり研修員から企画員となると、任される業務も増え、ものづくりだけでなくお客様と仕様検討したり、職場環境を整えたりと業務の幅も広がります。業務の幅が広がると覚えることや目を向け把握すべき範囲も増えるため大変なこともありますが、任せてもらえた分頑張ろうと思えます。

印象に残っている仕事やエピソード

担当しているものとは別の機能や装置に関して、お客様先でシステムの切換やシステム試験を実施するよう上長から指示をいただいたことがありました。実施日まで期間短かったこともあり、初めは戸惑いましたが、先輩方から教えていただきながら知識を増やし、無事遂行することができました。ドキュメントを読んで機能や装置について学ぶことも大切ですが、この経験を通して、業務を経験し習得することが、自分が成長していくための一番の近道だと実感しました。

今後の目標

日々走行する列車の安全・安定的な運行を実現する運行管理システムには、絶対的な信頼性が要求されます。今後は、運行管理システムに従事している技術者として、着実に業務を遂行し力をつけ、より信頼性の高い運行管理システムを開発していきたいです。

オフの過ごし方

休みの日は、思う存分ゆっくりしたり、友人とご飯を食べたり、旅行へ行ったり、好きなことをして過ごします。休みの日にも疲れが残ってしまい、ゆっくり休みたいなと思うときもありますが、土日に予定が入っていると思うと木・金の仕事をよりがんばれるので予定を入れるようにしています。

一日のスケジュール

8:30 出社。スケジュールを確認する
8:40 朝のミーティング。毎朝10名程度で、朝のミーティングを実施。1日の業務内容の確認と共有を行う
9:00 メール確認。ミーティングの開催連絡や追加業務の有無を確認する
9:10 設計書作成。お客様の機能要求の実現方法を設計書にまとめる
12:00 昼食をとる
13:00 システムテスト。製品の機能を確認する
16:00 ミーティング。設計作業に関する課題をメンバーと共有し、解決策を模索する
17:00 設計書作成
20:00 帰宅

同じ職種の先輩