本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

中山

会社情報を見る

苦労して設計した製品が実際に商品として<br />量販店等で販売されるのは、何度見ても感動します

入社動機

「老若男女が手で触れて使用する白物家電の設計がしたい」という思いから、もともと冷蔵庫の設計を希望していました。そんな時、大学内での説明会でその旨をリクルータに相談し、栃木事業所を紹介してもらいました。
説明会や工場見学にて実際に設計に携わっている人の話を聞き、設計が試作から量産化まで一貫して製品に携われることを知り、栃木事業所で働きたいという思いが強くなりました。

仕事内容

冷蔵庫の設計をしています。主に、メカトロ部品(ギヤやモータを使用した動く機構の部品)や構造部品(棚や容器等)を担当しています。
お客様により良い冷蔵庫を提供するためにどの様な機能を追加するか、そのためにはどういった構造にすればよいか等を他部署と議論しながら決定し、原理試作を行って評価をしながら3D CADを用いて設計し、量産につなげていきます。

仕事の面白さ・醍醐味について

自分が設計した製品が、そのままお客様の手元に届くところです。苦労しながら製品化したものが、実際に商品として量販店等で販売されるのは、何度見ても感動します。また、実際にお客様が手に触れて「使いやすい」などの意見をおっしゃっていただいているのを聞くと、また次の開発も頑張ろうという励みになります。

仕事で苦労する点について

「使いやすさ」という数字での解が無いものに取り組んでいる点です。出来る限り定量的に評価していますが、数字で表現できないこともあるので、モニターさんに協力してもらうこともあります。
また、自分が技術者だということを一度頭から消して「自分が実際に使うとしたらどう思うか」等、1人のユーザとしての視点を常に忘れないように気をつけています。

印象に残っている仕事やエピソード

一番印象に残っているエピソードは、先輩方が設計した製品を実際に使用しているお客様からお礼状が届いたことです。こんなに喜んでくださるお客様がいらっしゃるのか、ととても感動しました。自分もそんな商品を世の中に送り出せるように、日々精進していきたいです。

今後の目標

1人でも多くのお客様に「買ってよかった」と思ってもらえる冷蔵庫を提供することです。そのためには、今の仕事の知識を習得することはもちろん、他分野の知識も身につけ、さまざまな視点から製品を見られるように努力していきたいです。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

最近の楽しみが長期休暇ごとに旅行に行くことなので、夫と一緒に次の旅行の計画を立てています。旅行に行く前にその場所の名物などを下調べし、旅行に行った後も写真やパンフレットなどをまとめてアルバムにして楽しんでいます。

一日のスケジュール

8:00 出社。メールチェック後、業務スケジュールの確認を行う
8:30 課のミーティング。業務報告や今後の予定ご確認する
9:00 デスクワーク。3D CADを使用して図面作製
10:00 原理試作品の試験状況を確認
10:30 デスクワーク
12:15 昼休憩。社員食堂にて同期と昼食をとる
13:00 メーカさんとミーティング
15:00 デスクワーク
20:00 退社

同じ職種の先輩