本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

久保田

会社情報を見る

一つの案件で、たくさんのつながりがあり、喜びを感じる事ができます<br />チームで成果を実感したい人がこの仕事に向いていると思います

入社動機

私が学生時代を過ごした地域は工業地帯で、産業プラント施設やそこで稼働する産業機械を目にしながら通学していました。日々製品が出来上がる様子を見る事でものづくりに自然に興味を持ち、ものづくりをしている当社で、生産性向上のための新製品の提案やお客様に長期にわたり利用していただける製品を提供したいと考え、入社を希望しました。

仕事内容

私は現在、鉄鋼・製鐵関係や産業プラント向けの天井クレーンおよびアフターサービスとして付帯設備を販売する仕事をしています。主な業務としては、案件ごとの見積書作成、打合せや商談。そして実際の工事に必要な書類の作成などです。時には窓口となり、お客様と自社の工場をつなぐ仕事もしています。大切な役割であり、やりがいと責任を持って取り組んでいます。

仕事の面白さ・醍醐味について

営業に向いている人は「人と話すことが好きな人」「チームで成果を実感したい人」だと思います。私たち営業は、営業事務の方々のサポートを受けながら日々営業活動を行っています。お客様の要望事項に対して100%満足がいくような提案を行うためには、営業事務の方々のサポートが欠かせませんし、実際に自分が受注した案件についても、営業だけでなく関係部署全体で協力しながら無事工事完了となるまで進めていきます。一つの案件でたくさんの部署とのつながりがあるため、さまざま人と喜びを分かち合う事ができることがこの仕事の醍醐味であると考えています。

仕事で苦労する点について

専門用語が多く、お客様との会話内容の把握に苦労すると同時に、自分の知識不足を痛感します。そのため、見積書作成の段階でわからない語句の意味を先輩に聞いたり、現場で実際に製品を見ることで日々知識を増やしています。

印象に残っている仕事やエピソード

特に印象に残っていることは、お客様の工場に300tの巨大な新設クレーンを設置する案件に携われたことです。設計担当者や工事担当者と話し合いを行い、製品がゼロから生まれるところに立ち会う事ができました。入社当時の研修で、別の新設クレーンの現場を見たときは、今までに見たことのない大きさの製品に驚いたことを覚えています。完成時はお客様とともに喜ぶことができ、この現場に立ち会った事が現在の仕事への原動力となっています。

今後の目標

クレーンの専門営業として、高い専門知識および営業知識を兼ね備えた企業人となり、単なる物売りではなく、お客様の立場を理解して営業活動のできる人物をめざします。当社の取り巻く環境、お客様のニーズに対応してグローバル対応が可能な人財となり、高い倫理観を持った営業パーソンとなることが目標です。

オフの過ごし方

オフの過ごし方としては、観光地や行事に顔を出し、その場所や雰囲気を楽しんで気持ちをリフレッシュしています。また、友人と過ごしたり会社の方々とフットサルをしたりします。会社の諸先輩方と交流する事で、仕事以外の話ができ、先輩の性格やライフスタイルを知ることにより、20代の時にやっておくべき事やプライベートの楽しみ方を学んでいます。

一日のスケジュール

9:00 ラジオ体操・朝会の後、業務を開始します
10:00 お客様訪問
12:00 昼食(外出先で食事します)
13:00 お客様訪問
16:00 帰社。案件ごとに提案書の作成や見積書の作成をします
19:00 退社

同じ職種の先輩