本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

福山

会社情報を見る

いまやATMがあることは当たり前といえますが<br />その当たり前や常識をつくる難しさと楽しさを味わうことができます

入社動機

社会インフラに関する製品やシステムや日常生活の身近にある製品に関わる仕事がしたいと思い、就職活動を行っていました。

就職活動中に日立オムロンを知ったのですが、当初はまったく知らない会社でした(「名前が変わってるな」ぐらいの印象)。その後、企業研究を行っていくうちに誰もが一度は触ったことがあるATMを開発から販売まで一環して行っているということを知りました。ATMは社会インフラに近い存在であり、かつ一般の人たちの身近にある製品ですので、日立オムロンを選びました。

仕事内容

担当製品は、これまでは、銀行やショッピングモールなどで稼働している両替機でした。最近は、海外ATMも担当しています。担当製品のうち、ソフトウェアの仕様検討や設計、テスト、市場で稼働している製品についての問い合わせ対応を行っています。

仕事の面白さ・醍醐味について

日立オムロンは、一般的な知名度は低いですが、日常生活に身近で欠かせない製品を生み出しています。いまやATMがあることは当たり前といえますが、その当たり前や常識をつくることの難しさと楽しさを味わうことができると思います。

仕事で苦労する点について

私自身の考えや調べた結果をアウトプットすることに苦労しています。相手の立場を理解した上で、その立場に合った内容と話し方をしなければ、どんなにいい物でも価値がなくなってしまいます。日立オムロンのソフトウェア設計開発者の代表としてお客様先で業務を遂行し、後日、自分が担当した製品がきちんと稼働しているのを見たときは非常に感動しました。

印象に残っている仕事やエピソード

約2カ月間、東京の担当お客様先で製品テストを実施しました。長期間のお客様先での作業は大変でしたが、その分、お客様といろいろな話をすることができ、どういう製品を欲しているのかなど、生の声を聞くいい機会となりました。その経験を現在の製品の仕様定義などに活かしています。

今後の目標

英語の運用スキルの向上です。もともと英語は苦手でしたが、海外ATMを担当することになったことをきっかけに克服しようと思っています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

最近はランニングがマイブームです。友人とリレーマラソンによく出るようになって、6時間耐久といって6時間、延々と走り続けるという…リレーで一人2kmくらい走って交代してというようなことをやったりしています。

写真は友人たちと石垣島マラソンに出場し、完走したときの写真です。リレーマラソンの他にも友人たちと旅行を兼ねて、さまざまな大会に出場しています。

一日のスケジュール

8:30-10:00 メールチェック、予定の確認
10:00-12:00 打合せ
12:00-12:45 昼食休憩
12:45:15:00 会議、打合せ
15:00-17:00 資料作成、問い合わせ対応

同じ職種の先輩