本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

原田

会社情報を見る

お客様にとっては、若手もベテランも関係なく「一人のサービスエンジニア」<br />お客様先へ伺ったからにはその場でできることを最大限行う必要があります

入社動機

学生時代に医療機器の研究・開発を行っていたことから、医療機器に関わる仕事に就きたいと考えていました。その中で、医療機器を利用している方と接しながら仕事がしたいと思い、この二つを満たすサービスエンジニアの仕事を選びました。

仕事内容

日立ハイテクノロジーズ製の臨床検査用血液自動分析装置を扱う医用機器部という部署に所属し、病院や検査センターなどに伺って装置のメンテナンスを行っています。お客様に満足してご使用いただくために、装置の不具合を未然に防ぎ、最適な状態に保つ予防保全と、装置の急なトラブル時に対応する修理対応が主な仕事です。

仕事の面白さ・醍醐味について

装置のトラブルが起きてしまった時、お客様のご要望は「早く使えるようにしてほしい」ということなので、素早く原因を突きとめて修理する必要があります。そのため、作業時はプレッシャーがかかり、責任感も大きいですが、とてもやりがいがあります。特に、装置トラブルの解決後にお客様の喜ばれる顔を見た時、大きな達成感を感じます。

仕事で苦労する点について

お客様にとっては、若手もベテランも関係なく「一人のサービスエンジニア」です。そのため、お客様先へ伺ったからにはその場でできることを最大限行う必要がありますが、やはり最初は分からないことが多くて苦労します。だからこそ、同僚や先輩など別の人に修理の依頼やトラブル対応の依頼があった時も、自分に関係ないと思うのではなく、日頃から「自分だったらどうするか考え、調べること」を大事にしています。

印象に残っている仕事やエピソード

当社のコールセンターにお客様から修理依頼があり、先輩と二人でお客様先を訪問。そのお客様は、1日に数百件の血液を検査しているため、装置の停止時間が長くなると1日で処理できなくなり、翌日の業務にも影響を与えてしまう状況でした。先輩はお客様から的確にヒアリングして原因を突きとめ、すぐに装置のトラブルを解決しました。その後、お客様が先輩に「あなたに来てもらってよかった」とおっしゃっていたのを聞き、自分も早くお客様から頼りにされるサービスエンジニアになりたいと思いました。

今後の目標

まずはさまざまな製品の知識・技術を身につけ、どの装置でも対応できるように技術力を向上させることです。そして、お客様対応力も強化させて、技術面、お客様対応面のどちらにおいても、お客様からご満足いただけるような対応ができる一人前のサービスエンジニアになることが、最大の目標です。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

最近、ジョギングにはまっています。寮の近くには緑が豊かなジョギングコースがあり、季節の移り変わりを感じながら、気持ちよく走ることができます。天気のいい日に日差しを浴びながらジョギングをするのが好きです。

一日のスケジュール

8:00 お客様先へ出発
9:00 お客様先へ到着。作業内容、装置の状態を確認して点検作業を開始
12:00 昼食
15:00 作業終了。お客様に装置を引き渡した後、ご要望事項などをお聞きする
17:00 帰社後、見積書の作成など、事務処理を行う

同じ職種の先輩