本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

高島

会社情報を見る

国内・海外問わず、新製品開発にどんどん携わり<br />世界中の人々がもっと便利で安全に暮らすための製品を生み出していきたいです

入社動機

大学の同級生から「日立受けてみたら?」と薦められたのがきっかけです。大学OBのリクルータに会い、その方と話してみて気が合ったというのもあったのですが、しっかりしているなと思いましたし、親身に話を聞いてくれたので、「日立を受けてみよう」と決心しました。

仕事内容

ATMの運用周辺システムのソフトウェア設計開発を担当しています。これまで、監視システム、CRM連携システム、集配信システムを担当したことがあります。現在は、海外向けの監視システムを担当しています。グループ会社のPrism Payment Services社(インド)と共同でシステムを開発しています

仕事の面白さ・醍醐味について

スケジュールがかなりタイトな製品開発で、品質・コスト・納期を守り完成させたときはやりがいを感じました。その商品がお客様のもとへ納入されてからも、現在まで特に問題なく使われていて大変うれしく思います。

仕事で苦労する点について

海外業務を担当してから英語でのやり取りが増えました。思っていることをうまく英語で表現できないともどかしさを感じますが、逆に自分の成長の糧にもなっています。

また日本と外国との文化の違いに苦労しています。たとえば、「明日送るよ(I'll send it tomorrow.)」といわれてもいつまで経っても送られてこなかったり、ソフトウェア開発での問題点について議論しようと持ちかけても「問題ない(No problem)」といわれたり、困ることが多々あります。

印象に残っている仕事やエピソード

お客様先に初めて1人で行ったときのことが印象に残っています。テストがうまくいかなかったこと、お客様から厳しいお言葉をいただいたこと。
最近はインドの会社との電話会議をよく行います。インドとの打合せは時差があり、また、彼らのゆったりとした時間感覚に合わせざるを得ないため、スケジュール調整が大変です。

今後の目標

国内・海外問わず、新製品開発にどんどん携わっていきたいです。日本を含む世界中の人々がもっと便利で安全に暮らすための製品を生み出していきたいです。できれば、治安がよく、気候が温暖で、食べ物のおいしい国へ出張したいです。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休日はだいたい外に遊びに出ています。ショッピングセンターに行くか、おいしいものを食べに行くことが多いです(スポーツ、飲み会、女子会etc)。

写真:会社行事で東京ディズニーシーに行ったときの写真です。若手社員を中心に20名程が参加しました。カメラマンのリクエストで、全員ミッキーマウスのポーズをしています。

一日のスケジュール

8:30-10:00 会議資料の作成(英文)
10:00-12:00 設計書の作成
12:00-12:45 昼食休憩
12:45-15:30 社内打合せ
15:30-17:00 電話会議(インドの日立グループ会社)

同じ職種の先輩