本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

村上

会社情報を見る

鉄道のシステムは非常に奥深く、常に学ぶことがあります<br />この仕事に携わる限り、学び続けられることが一番の醍醐味です

入社動機

幼い頃から鉄道に興味があり、鉄道に携わる仕事がしたいという希望はありました。どちらかというと車掌や運転士などの仕事に興味がありましたが、学生時代に工学を専攻していたことから、エンジニアとして鉄道に携わる仕事ができればと考えました。

工場見学での社内の雰囲気がよかったこと、母校出身である多数の先輩方が活躍していること、そして職場が学生時代を過ごした慣れ親しんだ場所に立地しているということもあり、私にとってはこれ以上ない好条件がそろっていたことが入社への大きなきっかけとなりました。

仕事内容

モーター駆動用インバーター制御装置のシステム計画設計を担当しています。具体的には、お客様である鉄道事業者との製品仕様打合せ、工場内関連設計部署に対する設計仕様指示とプロジェクト全体の取りまとめ、さらには納入後の走行試験・お客様からの問合せ対応まで、幅広い業務を担当しています。

インバーター制御装置は電車の走行性能(加速・減速)に関わる重要な装置です。お客様に対して、電車の安全輸送を支えるため安全性の高い製品を提供することはもちろんのこと、昨今の電力事情から、より省エネルギー性能の高い製品を提供すべく取り組んでいます。プロジェクトの中心的役割を果たすことができ、責任は大きいですがやりがいのある業務であると感じています。

仕事の面白さ・醍醐味について

公共交通機関である鉄道の製品に携わることができることです。私たちの納める製品がエンドユーザーである乗客を乗せて走る姿を見ると、社会貢献できたという喜びを実感します。

また鉄道のシステムは非常に奥が深いため、常に新しく学ぶことがあります。この仕事に携わる限り、学び続けられることが一番の醍醐味だと感じます。

仕事で苦労する点について

インバーター制御装置のシステムを設計する立場からハード・ソフトなどの全般的な工学知識が必要となるため、分からないことや自分一人の力で解決できない問題にぶつかることが多々あります。悩むことは大切ですが、悩みすぎて一人で問題を抱え込むことはいいことではありません。先輩方や上長、他部署の方に相談すれば必ず問題解決へのアプローチとなります。基本である報・連・相を大切にしています。

印象に残っている仕事やエピソード

約1カ月間にわたった現地での走行試験です。担当した制御装置が車体に取り付けられ実際に車両が動き出したときは感動しました。本線での走行試験は、昼間の営業線が走るダイヤの合間を走行するため、営業線のダイヤを乱すようなことがないようにというプレッシャーがかかる中、加速性能や乗り心地改善についての性能調整を実施しました。

大きな問題を発生させることなく無事に試験を終えたときは肩の荷が下りて抜け殻のような状態になりました。実際に車両が営業運転に投入され、運転する乗務員から好評を得ているという情報を耳にしたときには非常にうれしい気持ちになりました。

今後の目標

まだまだ業務経験が浅く、設計者としての知識が少ないので、幅広い業務を経験して未知のことを一つひとつ学んでいきたいと思います。そして、学んだ知識を自分の言葉で他人に明確に説明できる力を身につけることが目標です。お客様との設計打合せも一人で対応できるようにまずは日頃の業務から、伝える力を向上させることを意識しております。

また、システムエンジニアという立場から、今後幅広い人脈を形成していき、将来的にはお客様との信頼関係を築けるような人財になれるように努めたいと思います。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

学生時代の仲間と結成した草野球チームに所属し活動しています。小学校から高校まで続けた野球をすることで心身ともにリフレッシュできます。

また、ラーメンが好きなので基本的にどこかでラーメンを食べます。休日はなるべく行動することを心がけています(笑)。

一日のスケジュール

7:00 起床
8:45 始業、メール確認、当日の仕事の洗出し
9:00 お客様・他部署からの問合せ対応、メール返信等
12:15 昼休憩
13:00 デスクワーク、資料作成
15:00 課内ミーティング、メンバー間で情報を共有
16:00 デスクワーク、設計業務
19:30 退社

同じ職種の先輩