本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

米澤

日立が提案できるベストなソリューションは何かを常に考え<br />社内を引っ張っていける営業になりたいと思います

入社動機

学生時代、漠然と「メーカーに就職をしたい!」と思っており、メーカーを中心に就職活動をしていました。

就職活動を進めていくうちに、日立は社会インフラ分野でビジネスを展開しているということが分かり、社会の基盤を支えている日立のビジネスに興味を持ち志望するようになりました。

仕事内容

ITソリューション営業として、素材メーカーのお客様に対して営業活動を行っています。ITは業務効率化だけでなく、企業経営や事業そのものにもなくてはならないインフラとなってきています。このように企業におけるITの重要性が高まっている中、お客様が抱えている課題を解決できるITソリューションを日々提案しています。業務はお客様課題のヒアリング、社内提案体制の確立と提案活動。プロジェクト運営の遂行と多岐にわたります。

仕事の面白さ・醍醐味について

やはり営業ということもあり、お客様にご提案した内容がお客様に評価され、受注できたときはやりがいを感じます。また、担当させていただいているお客様から「いつも頑張っているね」などお声がけいただいたときなど、もっと頑張ろうと思えます。また、ITはものすごいスピードで新しい技術が出てくるので、理解するのは大変ですが、ITで企業の中がどう変わっていくかがわかり面白い分野だと感じています。

仕事で苦労する点について

もともと文系であったため、ITの知識がなく、ITの話を理解するのに苦労しています。今は日々勉強ですが、SEのレベルまではいかなくともお客様とスムーズに会話できるレベルまで到達し、自分のアイデアを出せるようになっていきたいと考えています。また、ITに限ったことではないのですが、相手の話を正確に理解する、自分の意見を正確に伝えることなど、まだまだだなと感じることが多いので、成長させていきたい部分と考えています。

印象に残っている仕事やエピソード

初めてお客様先に一人で訪問した時が一番印象に残っています。移動中から緊張してしまい、一時間程の打合せ中もうまく話せず悔しい思いをしました。今では、新人の頃ほど緊張はしなくなりましたが、お客様の訪問前にはきちんと下準備が必要だなと痛感しています。

今後の目標

フロントに立つ営業が一番お客様の考えを理解し、社内に伝えることができる! と3年間の営業活動を通じて実感しています。「お客様の声をきちんと聞くのは営業で、営業にしかできない!」と自覚し、お客様にとって日立が提案できるベストなソリューションは何かということを常に考え、社内を引っ張っていける営業になりたいと思っています。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

お休みの日は、学生時代の友人と会うことが多いです。昔話で盛り上がったりと、平日に向けて大事なリフレッシュ時間となっています。写真は学生時代の友人と名古屋に旅行した際の写真です。

また、お買い物に行ったり、長期休暇の時は旅行に行ったりとのんびりと過ごしています。

一日のスケジュール

9:00 出社 メールチェック、お客様や社内関係者へ案件内容について電話
10:00 見積もり作成
12:00 昼休憩
13:00 お客様先で打合せ
15:00 お客様先での打合せを踏まえて社内で打合せ。資料作成
18:00 退社

同じ職種の先輩