本文へジャンプ

Hitachi

企業情報採用・インターンシップ

山下

世界初の開発を行う社員の方々と医療に携われることは<br />自分の中で高いモチベーションとなり、この会社を選びました

入社動機

私の祖母は助産婦だったため幼い頃から病院での仕事の話を聞かされていました。そのため、仕事の一つとして医療があるということを身近に感じていました。また大学生の時、教員免許の実習で養護施設を訪問し多くの障害者と接した経験から、人が健康に生きるための仕事をしたいと強く思いました。これらの経験と大学で専攻した機械工学の知識を活かせる職種を調査していたところ、当社は世界に先駆け一本柱のオープンMRIを開発していたことを知り、人の優しさを追求するチャレンジングな社風に魅力を感じました。世界初の開発を行う社員の方々と医療に携われることは、私の中で高いモチベーションとなったため入社を希望しました。

仕事内容

画像診断装置MRIのガントリー設計がメイン業務です。ガントリーとはMRI装置の構造体や筺体カバーを指します。
仕事の内容は幅広く、新機種の仕様検討から計画、試作、評価、図面含むドキュメント、製品出荷までの一連の業務を行います。筺体カバーを例にすると、仕様検討は日立製作所のデザイン本部と協力し、デザイン性のある形状を提示してもらいます。設計は、デザイン性を維持しつつ強度や安全性が高い形状、作りやすい形状に置き換えます。検討内容や設計者の意図を漏れなく図面にし、製造業者にカバー製作を依頼します。さまざまな検証と改善を実施し、製品の品質を高めていきます。

仕事の面白さ・醍醐味について

ガントリー設計はデザイン性があり装置の顔となる部分を計画できます。製品カタログに自分が設計した装置が載ること、展示会で多くの人に見てもらえることが仕事の面白さでもあります。また、自分の住んでいる町、生まれ育った町の病院に開発したMRI装置が使われます。医療の現場で利用され、誰かの役に立っていると実感することが仕事の醍醐味といえます。しかし医療機器である以上、安全な機構であることが絶対条件です。リスクを減らし品質を高める作業は非常に地道ですが、社会からの高い要望に応えるという使命感を味わいながら仕事ができます。

仕事で苦労する点について

ものづくりである以上、販売している製品よりも新機種は高い機能、安い原価が求められます。実績ある製品よりも機能性・信頼性・作業性を向上させることは容易なことではありません。時には先輩たちの設計を疑い、改善の余地を模索することは非常に労力が必要です。機械設計は、一人前になるために時間を要するといわれますが、経験、知識をコツコツと積み上げるしかないと思います。日頃から設計に活かせるアイデアを探したり、先輩に相談したりと日々勉強です。

印象に残っている仕事やエピソード

入社2〜3年目は、MRI装置の寝台設計をしていました。設計途中からの引き継ぎであったものの、製品出荷までを担当した初めての機種でした。当時は、寝台を中国工場で試作から量産まで製造することは初めての試みであり期待されていました。しかし、量産1号機は不具合が続出し、中国工場で大いに青ざめました。特急で設計変更を行いましたが、出荷が遅延しお客様にご迷惑をかけたことに落ち込んだ経験があります。関連部署の方々からは厳しい言葉と励ましの言葉をいただき乗り切れました。当時の失敗は、現在の設計に活かすように心がけています。

今後の目標

機械設計は、自由度が高く選択肢が多いため、最適設計を行うのに知識と経験を要すると考えています。広い分野の技術的知見を蓄えて、どんな課題にも複数のアプローチができる技術者になりたいと思っています。また、今まで競合他社が採用しなかった機械設計に目を向け、業界初の技術を開発することが目標です。日々の地道な積み重ねが、入社動機である多くの人が早期に画像診断を受診して、健康な生活を送ることにつながると考えます。

オフの過ごし方

オフの過ごし方

休日の天気のいい日は、趣味の自転車(ロードバイク)に乗っています。会社の寮からは簡単にサイクリングコースへ出られ、走りやすいですし、自然が多いため気に入っています。遠出する時は、筑波山に登り景色を楽しんだり、築地へ海鮮丼を食べに行ったりしています。2013年には沖縄まで自転車を持っていき、美ら島オキナワセンチュリーランというイベントに参加しました。青く透き通った海、南国フルーツの給水所など最高でした。また、長期間の休みが取りやすいため海外旅行を計画してリフレッシュしています。

一日のスケジュール

8:45 出社、実験室の掃除
9:00 メールチェック、内容によって取捨選択し、仕事の優先度をつける
10:00 仕様検討の打合せ、他部署と仕様の擦り合わせを行う
12:15 昼食
13:00 開発装置の計画・設計
15:00 実験室にて試作品の検証・実験データ取り
17:00 検証結果を資料にまとめる・ドキュメント作成
19:30 退社

同じ職種の先輩